セルフ脱毛前の自己処理

セルフ脱毛に関わらず脱毛の際は必ず事前に自己処理をしていただく必要があります。セルフ脱毛前の自己処理を行う際に、お勧めの方法やグッズ、アフターケアのご紹介をします!

カミソリでのセルフ脱毛前自己処理

メリット

・広範囲をスピーディーに処理することができる

デメリット

・刃で傷つけてしまう可能性がある(肌荒れをしやすい)→シェービングジェルやクリームなどをご使用ください

電気シェーバーでの自己処理 ★一番オススメ★

メリット

・肌へのダメージが少なくちょうど良く処理ができる

デメリット

・メンテナンスや電池交換など維持の手間がかかる

除毛クリームでのセルフ脱毛前自己処理

メリット

・塗るだけで楽に除毛できる
・処理残しが起きにくい

デメリット

・肌へのダメージが大きい
(かぶれ、炎症、アレルギー反応などのリスクがある)

毛抜き・脱毛ワックスでのセルフ脱毛前自己処理

脱毛効果が得られにくくなってしまうので、脱毛前の毛抜きや脱毛ワックスはお控えください。
毛を毛根から抜いてしまうと、脱毛の光が反応しにくくなってしまいます。

毛抜きや脱毛ワックスでの自己処理は脱毛前の自己処理としてはオススメができない方法です。

自己処理後のアフォターケア

上記どの方法で自己処理を行う場合でも、処理後は普段よりも入念に保湿をしてください。
事前の自己処理でのダメージを残したままセルフ脱毛をしてしまうと、通常よりも肌にダメージを与えてしまうことになります。

保湿ケアをしっかり行う事でお肌へのダメージ軽減につながります。
日々の保湿ケアが脱毛効果アップになると言われていますので、脱毛期間中は是非入念な保湿ケアをお願いします。

家庭用脱毛器とセルフ脱毛サロンの脱毛器の違い

ハイジのセルフ脱毛マシンはプロ仕様

ハイジで仕様しているセルフ脱毛器は、脱毛サロンなどが扱うプロ仕様の脱毛器になっています。
そのため、家庭用脱毛器よりも高い脱毛効果を期待でき、痛みの少ないない脱毛を実感していただきやすいでしょう。

家庭用で使用するセルフ脱毛機は、あくまでも「家庭用」です。
危険性を考慮しプロ仕様の製品と比べると出力などは大幅に落とされています。
そのため、ハイジで行うセルフ脱毛よりも脱毛効果は期待が薄かったり、長い期間かかったりするかもしれません。

家庭用脱毛マシンとハイジのセルフ脱毛マシンの違いとは

ハイジで採用しているプロ仕様の脱毛器と家庭用脱毛器の特徴の違いについて解説して行きましょう。

ハイジのプロ仕様脱毛マシンの特徴

出力レベルが高い

プロが扱う脱毛器なので、高い照射出力を持っています。ハイジでは最新の脱毛方式である『HHR方式』を採用しているため、パワーも十分に出力され様々な毛に反応しやすく設計されています。

時間内なら何度でもショットが可能

ハイジでは、規定の時間内であれば何発でも無制限に脱毛を行えます。ショット回数制限がないので、気にせず自由に脱毛を行うことが可能です。

純国産の製品なので安全性も高い

ハイジで使用している脱毛器は、全て純国産の製品です。日本の高い検査基準をクリアした脱毛器なので、安全性が非常に高く、操作も簡単。マニュアルも完備しているので、まったくの初心者の方でも安全にセルフ脱毛を行うことができます。

家庭用脱毛マシンの特徴

ショット数が決まっている

家庭用脱毛マシンは、使用できるショット回数が決まっています。ワンカートリッジに300万発入っているものや5万発のものなど機器によって様々です。ショット数が決まっているため、無駄打ちしないように注意が必要です。

出力レベルが低い

出力レベルが低い=効果が出にくい、ということです。
家庭用脱毛器は出力レベルが低く設定されています。プロが扱う脱毛器は出力レベルが高いので家庭用に比べて脱毛効果をより期待しやすいです。

脱毛器のメンテナンスが必要

家庭用脱毛器は、カートリッジの交換や本体の充電などのメンテナンス作業を行う必要があります。家庭で好きなタイミングで使用できるようにするには、充電やカートリッジ交換などの作業が必要になるでしょう。

ハイジのプロ仕様脱毛マシンでツルツルの肌を手に入れよう

上記で述べた通り、家庭用脱毛器とハイジで使うプロ仕様の脱毛器は脱毛効果が大きな違いがあります。VIOやひげなど毛の太い部位は差を感じやすいかもしれません。
家庭用脱毛器の場合、出力レベルが弱い分効果に満足するまでかなり回数や期間もかかるかもしれません。またショット速度も遅いため、1度の脱毛に相当時間がかかります。

ハイジで扱うプロの脱毛器なら、1回の施術もスピーディーかつ短期間で脱毛効果を期待できます。脱毛が初めての方でも安全に使用できる設計になっているので、是非一度お試し体験にて効果を実感してみてください。
一度でも効果を感じていただけるはずです。

サブスク(サブスクリプション)脱毛

サブスクリプションモデルでお得に脱毛できる!

セルフ脱毛サロンハイジでは、サブスク(サブスクリプション)モデルを採用しており、毎月少額でかなりリーズナブルに脱毛することができます。一般的な脱毛サロンでは高額プランの一括購入が主流です。
脱毛は数十万円と金額が高くなる場合が多いため、ローンを組む場合が多いですが、ハイジはサブスクリプションモデルなので毎月一定の額を支払うだけで何度も脱毛できるお得な料金形態になります。
もちろんご希望の方には1回いくらでご利用可能な都度払いもご用意があります。

サブスクリプションとは

サブスクリプションとはいわゆる「定期購読」「定期契約」の料金形態です。ユーザーがサービスや製品を一定期間利用できる『権利』へ料金を支払うモデルのことになります。

業界問わず流行しているサブスクモデル

サブスクリプションの料金形態モデルは様々な業界で近年流行っています。
HuluやNetflixなどの動画サービス
Apple Music
マイクロソフトサービス「Office365」
ランチやカフェのサブスクリプションサービス
Adobeの各ソフトウェア
InvantorやAutoCADなどの各3D CADソフトウェア
など、業界を問わずさまざまなサブスクリプションのモデルが展開されています。
先日は焼肉屋の牛角でも1ヶ月食べ放題通い放題の「サブスク焼肉」というプランを販売して驚きました!

サブスクリプションモデルで脱毛していくメリットとデメリット

サブスク(サブスクリプション)モデルでセルフ脱毛を行うことで起こるメリットとデメリットとは、どのようなものがあるのかご説明します。

メリット

・都度払いよりも圧倒的に割安
・毎月の金額を支払うことで何度でも脱毛サロンを利用できる
・脱毛にかかる初期費用を抑えることができる

デメリット

・たくさん通わないと損になる場合がある
・契約期間や解約期限がある

サブスクリプションモデルのハイジでお得に綺麗な肌を手に入れよう

サブスク(サブスクリプション)モデルは非常に流行しており、低額でサービスを受けれる料金形態になっています。
ハイジは初期費用なしで超低額で始めることができるお得なサブスクセルフ脱毛サロンです。

少額で脱毛を始めたい方は、セルフ脱毛サロンハイジでサブスク脱毛がお勧めです!

介護脱毛もセルフ脱毛

介護脱毛とは

「介護脱毛」は老後に介護を受ける前のエチケットとして近年実施する人が増加している脱毛です。
介護を受ける際にアンダー部分の毛が長いと排泄後の処理に苦労したり、火の手を煩わせてしまったりする可能性があります。そのため元気なうちに脱毛処理を行い老後の快適な生活に備える脱毛が「介護脱毛」です。

介護脱毛はセルフ脱毛がお勧め

介護脱毛をセルフ脱毛でオススメする理由について詳しくご紹介します。

セルフ脱毛なので他人に見られることがない

介護脱毛に関しては、VIO部分を脱毛する場合が多いため、恥ずかしいと感じる方も多くいます。一般的な美容脱毛サロンや医療脱毛では、施術スタッフが行いますが、ハイジは完全無人のセルフ脱毛なので恥ずかしがらずに一人で自由に脱毛ができます。

最新の脱毛方式なので痛くない

ハイジのセルフ脱毛は、最新のHHR方式を採用しており痛みが出にくい脱毛を実現しています。脱毛が初めてで痛いんじゃないか?怖い?と感じている方でも安心してセルフ脱毛を行っていただけます。また毛根へ直接ダメージを加えないため、脱毛時の痛みが極端に少ないのが特徴になります。

受付もない完全無人のセルフ脱毛

セルフでも脱毛サロンによっては受付などがあります。ハイジは完全無人のセルフ脱毛サロンのため、受付などもなくWEBで予約するだけでスムーズに入店することが可能です。一切人と会わずに脱毛ができるため、プライバシーを守りながら脱毛ができます。

家族やパートナー、友人と2人まで同時入店できる

脱毛を行う部位によっては自分1人では手が届きにくい場所もあります。ハイジでは、2人まで同時に入店できるため、介護脱毛のメイン部位でありますが実際には手が届きにくいVIO部分や背中などの脱毛でも不自由なくすることが可能です。

介護脱毛を始める際に注意点

白髪になると脱毛が難しかったり、時間がかかったりするので注意が必要です。
介護を意識して脱毛を始める年齢は中年層が多いためVIOのアンダーヘアなどに白髪が混じっていることがあります。光は黒いものに反応しやすいという特性があるため白髪に対しての反応が薄くなってしまい、黒い毛よりも脱毛効果を感じにくいかもしれません。
白髪になる前にスタートすることをお勧めします。

ちなみに、脱毛サロンでよく「白髪でも効果あり!」というPRをしているところを見かけると思いますが、はっきり申し上げると嘘です。
脱毛器の光は物理的に黒いものにしか反応しないので、白髪には反応しない仕組みになっています。
誇大広告に騙されないようにお気をつけください・・・

介護脱毛はハイジのセルフ脱毛

ハイジは完全無人のセルフ脱毛サロンなのでプライバシーも保護されており、安心して脱毛を行っていただけます。時間内であればどこでも気になる部分は全て自由に脱毛し放題です。介護脱毛はもちろん、全身を綺麗に脱毛したい方は、ハイジでセルフ脱毛を体験してみてください。

セルフ脱毛で永久脱毛はできる?

そもそも「永久脱毛」はできない?

永久脱毛と言われて皆さんは「脱毛が完了したら一生毛が生えてこなくなる」などのイメージを思い浮かべるでしょう。残念ながら現在は「一生毛を生えなくする永久脱毛」は実現されていません。脱毛効果が高いとされている医療レーザー脱毛やニードル脱毛でさえも、完璧なつるつるの状態を一生続ける永久脱毛は難しいのです。

医療レーザー脱毛やニードル脱毛でなくても、「限りなく毛を生えにくくさせる」効果が期待出来る脱毛法もあります。

セルフ脱毛サロンハイジでは、エステサロンなどで使用されているプロ用の光脱毛器を採用しているので定期的に継続して光をあてることで「抑毛」「減毛」効果を感じていただけます。

永久脱毛の定義とは?

『永久脱毛』とされるには「脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が、約20%以下である」という定義に当てはまった場合となります。この定義は、日本の法令には定められておらず、米国電気脱毛協会が定めている定義になります。

そのため、永久脱毛できる!とされていても毛が生えてきてしまう可能性がはかなりの確率であるのです。

日本で永久脱毛とされているのは医療レーザー脱毛とニードル脱毛があります。

ただ、医療レーザー脱毛やニードル脱毛は長期間通院が必要な事とかなりの痛みが伴ういます。料金も比較的高めな設定が多いです。

ハイジのセルフ脱毛は「抑毛」や「減毛」

ハイジで行うHHR方式の脱毛は、抑毛や減毛といった脱毛効果を期待することができます。最短10日~2週間に1度の施術が可能なので効果を感じやすく、短期間でご満足いただきやすいです。

毛が生える仕組みと毛に栄養を与える部分両方同時に働きかけられる最新型の脱毛方式を採用しているので毛のサイクルも気にせず定期的に光をあてるだけでOKです。何よりも痛みが出にくくリラックスして光をあてられますので、まずは気軽にお試し体験から是非ご利用してみてください。

セルフ脱毛で手が届かないところはどうするの?

ハイジなら手が届かない範囲は恋人や友人にしてもらえる!

セルフ脱毛サロンハイジでは、背中やうなじなどの自分では手が届きにくい範囲の脱毛も可能です。個室には、最大2名まで入店することができます。そのため、背中やうなじの手が届かない範囲の脱毛は恋人や友人、ご家族などにお願いすることで、綺麗に脱毛ができるでしょう。

また、ハイジで使用するプロ仕様の脱毛マシンは操作も非常に簡単です。恋人や友人、ご家族で脱毛をしたことがない方でも、簡単に操作を行うことができるのも安心できるポイントです。

通常の脱毛サロンではスタッフが行う

ハイジのようなセルフ脱毛サロンではない店舗では、施術スタッフが脱毛を行います。背中やうなじなどは目で見るのが難しいので納得のいく脱毛ができない場合もあるでしょう。
照射されていない部分や照射が甘いのではないか?と思う部分があっても、店舗スタッフには言いづらいかと思います。

ハイジでは、背中やうなじなどは気を許した相手にしてもらうことができるので、自分が納得いくまで細かく照射が可能なのも魅力的なポイントです。

無理に脱毛しようとすると火傷の危険性があるの注意!

セルフ脱毛では、手の届かない範囲を無理に脱毛するのは非常に危険です。脱毛マシンの照射口を肌に密着させられず火傷などの肌トラブルを引き起こす可能性が高くなります。手が届かない範囲は無理をせずに、友人や恋人にお願いをしてください。

また、脱毛前に行うシェービングも同様です。シェービングは綺麗にする必要がありますが、背中やうなじなどのやりにくい部分に関しても、友人や恋人にお願いするようにしましょう。カミソリの刃で肌を傷つける可能性があります。

2人同時に入店できる安心のサロンで気軽に脱毛しよう!

1回で2人同時に入店ができるセルフ脱毛サロンハイジなら、気になる背中やうなじ部分も綺麗に脱毛が可能です。脱毛をしたことがない友人や恋人でも、脱毛マシンの操作は非常に簡単なので安心。来店時間もWEBから簡単に予約できるので、一緒に来店される方との時間も合わせやすいでしょう。

誰でも簡単に入会、脱毛予約ができる脱毛サロンハイジで、最新の脱毛マシンを使用した自由なセルフ脱毛を行なってみてはいかがでしょうか。

セルフ脱毛後の保湿・スキンケアの重要性

セルフ脱毛後のスキンケアが大切な3つの理由

セルフ脱毛後には、お肌のケアは欠かせません。ここでは、セルフ脱毛後の肌ケアが重要な理由を3つご紹介していきましょう。

1.肌トラブルの発生確率を抑えられる

セルフ脱毛後に保湿ケアをすることで、肌の炎症や赤みを予防することができます。脱毛後は肌が軽くダメージを受けた状態になっています。肌を冷やしたり、保湿することでトラブルの発生率を抑えることができます。

2.肌質を向上ができる

保湿ケアを行うことで、脱毛後の肌質を向上させることができます。脱毛後の肌は乾燥しやすいですが、保湿を十分に行い肌に水分を与えることで肌をトラブルから守ります。脱毛の光により肌が活性され化粧水などが浸透しやすくなっているため、より美肌に導くこともできます。

3.脱毛時の痛みを抑えられる

化粧水や乳液、ボディクリームを使用して肌に潤いを与えると、水分が脱毛の光や熱を抑えてくれるので脱毛時の痛みを感じにくいとされています。肌が乾燥していると痛みを感じやすくなってしまうため、日々保湿ケアを行うようにしましょう。

セルフ脱毛後のお肌の状態とは

セルフ脱毛後の肌は
・乾燥している
・熱を持っている
・肌バリアが弱くなっている
上記のような状態になっています。そのため外部からのダメージを受けやすく、炎症や痒みなどの肌トラブルが起きやすいので注意しておきましょう。

オススメのスキンケア方法

セルフ脱毛後の保湿ケアで特に重要なのが、脱毛前後の保湿ケアです。脱毛をすると肌が非常に乾燥するためボディクリームや乳液を使用して、肌十分に潤わせるようにしましょう。

特に、お風呂やシャワーの後の保湿は非常に大切です。
セルフ脱毛のすぐ後に湯船に入って体を温めることはお控えください。当日はシャワーで軽く流す程度にしましょう。

セルフ脱毛後、脱毛期間にしてはいけない事、していただきたい事

セルフ脱毛後に、体を温めたり施術部位が蒸れるような状態は肌トラブルなどを引き起こす可能性が高まるので控えて下さい。

脱毛後に行なってはいけないNG行為です。

●代謝・血流を良くすることは控えましょう
湯船に浸かり体を温める
過度な運動
日焼け
サウナや岩盤浴
お酒を飲む

●お肌へ刺激が加わる事は控えましょう
ボディマッサージ
肌を刺激する行為
制汗剤の使用

●お肌が蒸れる状態に注意しましょう
ストッキングやガードルの長時間着用、締め付けに注意
通気性の良い状態がより望ましいです

●脱毛期間にしていただきたい事
UVケアは念入りに行いましょう:脱毛後は日焼けしやすい状態になっています。日差しを出来るだけガードしましょう(日焼けしてしまうとお手入れができない事もございます)
保湿は十分に行いましょう:お手入れ後は肌が活性するので乾燥しやすくなります。お手入れ後は肌が敏感になりやすいので十分に水分を与えて下さい。通常時よりも化粧品が浸透しやすいので、使用する量を多めにする事をお勧めします。

保湿をしっかりした場合でもNG行為をしてしまうと肌トラブルに繋がる場合がございます。十分注意するようにしてください。

快適なセルフ脱毛の為にもスキンケアはとても大事

セルフ脱毛を快適に行うためには、脱毛前後の保湿ケアをしっかりと行いましょう。保湿ケアを怠ると炎症や脱毛効果の減少など様々なリスクが伴います。

綺麗でツルツルの肌を手に入れるためにも、セルフ脱毛の後には必ず保湿ケアを行なってください。きちんと保湿ケアをすることで痛みや肌トラブルは起きにくく快適な脱毛期間を過ごせます。

学生は脱毛してる?(小学生・中学生・高校生・大学生の脱毛事情)

「自分だけムダ毛が濃い気がする」

「ムダ毛が気になって積極的になれない」

 

このようなお悩みを抱えている学生は多いのではないでしょうか。

しかし、ムダ毛に関する相談をするのが恥ずかしくて、周りに「脱毛してる?」「どうやって自己処理してる?」と聞くのが難しいこともありますよね。

そこで今回は、小学生や中学生、高校生や大学生の脱毛事情についてご紹介します。

金銭面が気になって脱毛を躊躇している方におすすめのサロンも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください!

各世代の学生の脱毛状況

小学生・中学生・高校生・大学生と、それぞれの学生世代は脱毛をしているのかをまずはご説明していきましょう。

 

小学生・中学生でも、脱毛をしている人はいる

高校生や大学生ほど多くありませんが、小学生・中学生でも脱毛を行なっている方はいます。小学生の高学年や中学生にもなると、第二次性徴を迎えてムダ毛が気になり始める方が増えるのです。

このタイミングで自己処理を始めるようになる方も多いのではないでしょうか。

毎日の処理に面倒くささを感じる方も多いため、最近では早めに脱毛を始めようと考える方が増えてきているようです。

脱毛は年齢を重ねていくほど、ツルツルにするまでに期間がかかってしまいます。

30代から始めるのと10代から脱毛を始めるのでは、10代のほうが毛質が柔らかく毛も薄いことが多いため、脱毛が早く終わる可能性が高いことが特徴です。

そのため、現在では小学生や中学生から脱毛を始めようと考えている学生が増えています。

 

高校生や大学生は脱毛している人が多い

高校生や大学生になると、脱毛をしている方が急激に増加します。アルバイトができる年齢になること、ムダ毛がとくに気になりやすくなることなどが関係しているのでしょう。

とくに女性は脱毛に対する意識が高く、あるアンケート調査によると24歳以下の方は2人に1人が脱毛を行なっているそうです。

学生のうちに脱毛するメリット

学生のうちに脱毛することで「脱毛が早く完了しやすい」という特徴がありますが、メリットはそれだけではありません。

学生生活をよりエンジョイできるような多くのメリットが存在します。

 

ムダ毛を気にせず好きなファッションを楽しめる

体操服や水着になるときもムダ毛を気にする必要がありません。「明日は水泳だから…」と夜遅くまで念入りにムダ毛を毛抜きで抜く手間も省けます。

ノースリーブや背中が開いた服でも気にせず着られるでしょう。周りの目を気にすることなく毎日を楽しく過ごせるのは学生にとって大きなメリットです。

 

学割を使えることがある

学生のうちに脱毛を始めると、学割がきいて安く済むことがあります。学生証の提示により、「30%オフ」や「2万円オフ」などの割引を受けられるのです。

学校を卒業してから始めるよりも圧倒的にお得なので、学割が使えるうちに脱毛をされる方も少なくありません。

 

スケジュールの調整がしやすい

学生にも試験や遊び、バイトなどいろいろな用事があると思いますが、社会人よりもはるかにスケジュールの調整は行いやすいでしょう。

社会人だと仕事が休みの日、もしくは仕事が終わってからしか脱毛に行けません。土日や夕方頃はこのような方の予約が殺到するため、希望日に予約が取れないことも多いものです。

「せっかく脱毛を契約したのに通えてない」という社会人をよく見かけるので、スケジュール調整がしやすい学生は脱毛を始める絶好のタイミングだといえます。

 

学生のうちに脱毛するデメリット

学生のうちから脱毛をしておくことで、学生生活をムダ毛に一切悩むことなく送れるようになりますが、実はデメリットもいくつかあるのです。

 

日焼け対策をまめに行う必要がある

脱毛中は、しっかりと紫外線対策を行わなければなりません。多くの脱毛器はメラニン色素に反応してムダ毛にダメージを与えるもの。

日焼けしてお肌の色が黒くなると、脱毛器がムダ毛だけでなくお肌にまで反応してしまうのです。その結果、火傷や赤みなどのトラブルが起きやすくなってしまいます。

肌トラブルを防ぐためにも、季節を問わずこまえに紫外線対策を行うことが大切です。学生だと通学や授業で外に出る機会も多いため、紫外線対策を煩わしく感じてしまう方もいるかもしれません。

 

ムダ毛が復活する可能性がある

とくに小学生や中学生は、まだ体が成長している過程にあります。ホルモンバランスや毛周期が整っていないため、脱毛を完了させたとしても復活する恐れがあることに注意しましょう。

第二次性徴が始まる8~12歳よりも前に脱毛すると復活しやすいと言われています。とはいえ、脱毛する前のようにフサフサの状態に戻るわけではありません。

復活を恐れて脱毛をしないよりは、脱毛をしてしまったほうがムダ毛の目立ちにくいお肌を保てます。

 

脱毛にかかる費用が負担になりやすい

脱毛の費用は高額です。全身脱毛しようとすると安くても20~30万円は必要になります。小学生や中学生の場合、このお金は親に出してもらうしかありません。

しかし、親としても気軽に出せる金額ではないはずです。高校生や大学生になるとアルバイトができるようになりますが、分割払いができたり月額制のところを選んだりしなければ厳しいのではないでしょうか。

脱毛費用が負担になりやすいのは学生ならではの大きなデメリットです。

 

学生が脱毛するときの注意点

未成年の学生が脱毛する場合、次の3つについてはあらかじめ確認しておくようにしましょう。

しっかり確認しておかないと、予定していたよりも多くの費用がかかってしまうケースがあります。

 

追加料金があるかどうかを確認

基本料金のほかに、シェービング代や麻酔クリーム代などがかかる場合もあることに注意しましょう。

脱毛をする場合、基本的には前日までに自己処理を行っておく必要があるのですが、うなじや背中、お尻のように自分で剃るのが難しい部位は当日にスタッフに剃ってもらうことがあります。

このとき、場所によってはシェービング代が追加料金としてかかってしまうのです。また医療脱毛の場合、痛みが苦手な方向けに麻酔クリームを使用することもありますが、こちらも追加料金となることが多いでしょう。

 

予約が取りやすいかを確認

人気の脱毛サロンやクリニックは、予約が取りづらいことがあります。毛周期に合わせて通いたいのに予約が取れず、脱毛完了までに時間がかかってしまうこともあるでしょう。

学校が終わった後の時間帯や土日祝日は、会社勤めの方が予約を取るタイミングとかぶっています。

そのため、いつでもスマートフォンで空きを確認して予約を入れられたり、スムーズに施術を進められるようにスタッフの人数をしっかり確保していたりするサロンやクリニックがおすすめです。

 

キャンセル料が発生する条件を確認

突然の体調不良や学校の行事などで予約していた日時に脱毛できないこともあるかと思います。

どのタイミングまでにキャンセルすればキャンセル料がかからないのかは、サロンやクリニックによって大きく違います。

 

  • 前日の○時までならキャンセル料不要
  • 当日なら施術料金の50%
  • 無断キャンセルなら施術料金の100%

 

など、独自に設定されているため、こちらもしっかり確認しておきましょう。ムダがお金を払わないようにするためにも、予定が合わなくなった場合はキャンセル料が発生しないうちに連絡をすることが大切です。

学生には脱毛サロンとクリニックどちらがおすすめ?

脱毛には、大きく分けて美容脱毛と医療脱毛の2種類があります。

どちらで脱毛するかによって必要な費用や脱毛完了までの期間が異なるためこちらも確認して選ぶようにしましょう。

 

美容脱毛と医療脱毛の違い

美容脱毛は、クリニックで受けられる医療脱毛と比べると脱毛器のパワーが弱いため、脱毛完了に必要な回数も多くなります。

しかし、痛みが少ないため、VIOや脇など痛みが強く出やすい部位でも気兼ねなく受けやすいでしょう。

 

美容脱毛医療脱毛
施術を受けられる場所脱毛サロンクリニック
脱毛器のパワー弱い強い
痛み軽い強い
脱毛完了までにかかる回数約12~18回約5回~8回
脱毛完了までにかかる費用約20~40万円約30~50万円

 

痛みの少なさや料金の安さを重視するなら脱毛サロン

回数がかかってもいいから痛みがすくない脱毛を受けたいと感じるなら、脱毛サロンのほうが向いているでしょう。

クリニックは効果が高いものの、人によっては施術中に痛みのあまり飛び起きたり、「もう止めてください」と中断されたりする方もいます。

また、脱毛サロンではクリニックよりも費用が安く済むことも特徴です。痛みの少なさや料金の安さを重視するなら、脱毛サロン一択になるでしょう。

 

脱毛完了までの速さを重視するなら医療脱毛

クリニックで脱毛を受ければ、必要な回数が半分ほどで済むためスピーディーに脱毛を完了できます。

3か月に1度のペースで通う場合、脱毛サロンなら短くても3年かかりますがクリニックなら1年半ほどで終わるのです。できるだけ早く脱毛を完了させたいのなら、クリニックでの脱毛が向いています。

高校生が脱毛サロンに通うためには保護者の承諾書が必須

20歳未満の高校生や中学生が美容脱毛サロンなどへ通うためには、保護者の承諾書が必要になります。保護者の承諾書がなければ、ハイジでもセルフ脱毛をすることができません。

20歳未満の学生が両親を説得する際に、問題となるのがやはり「脱毛費用」になるかと思います。

一般的な脱毛サロンなどでは脱毛費用が30万円以上になる場合も多いため、両親もなかなか首を縦には振ってくれないこともあるでしょう。

しかし、ハイジでは月額制の通い放題で格安なため、両親を説得しやすい低価格な料金設定になっています。ぜひ他の脱毛サロンと価格を比較してみてください!

もちろん、親御さんが一緒に来店していただいて、見守ったり自分一人ではできない背中をお手伝いしていただいたりもできます。時間内でしたら親御さんが脱毛してもらうことも大歓迎です。

※お二人でご入室の場合には2名ともご契約が必要です。

 

学生はお得なセルフ脱毛がお勧め

近年は、学生でも脱毛を始める時代になっています。ハイジでは毎月少額で何度でも脱毛ができるため、学生でも気軽に脱毛を始めることができるでしょう。

キャンペーン期間中であれば、月額5,000円だけで毎日通い放題&脱毛し放題という圧巻のお得さです。

ハイジは、完全無人のセルフ脱毛サロン。脱毛が恥ずかしいと感じる方でも、セルフ脱毛なら友人に知られることなく通うことができるので安心です。

まずはお気軽にお試し体験をしてみてください♪

 

まとめ

学生でも脱毛をしている方は多くいます。小学生や中学生で始めている方も珍しくなくなりました。高校生や大学生になると、脱毛を始める方が一気に増えます。

しかし脱毛は、高額な費用がかかるため、学生だと負担に感じることも少なくありません。そのような方は、月額定額制で5,000円から全身脱毛ができるセルフ脱毛サロンのハイジを検討してみてはいかがでしょうか。

完全無人なので、脱毛をしていることを誰かに知られる心配もありません。ハイジに通って、ムダ毛を気にし続ける人生に早めに終止符を打ってしまいましょう!

セルフ脱毛の料金・期間徹底比較

低料金・短期間で脱毛するならセルフ脱毛サロンが断然オススメ!

セルフ脱毛サロンは、自分のタイミングで自由に脱毛ができるオススメの脱毛方法です。ハイジでは、月額5,000円(キャンペーン価格)でお好きなタイミングで通い放題の「通い放題プラン」など、圧倒的低価格で脱毛ができるのがオススメポイントです。

また、最新の脱毛方式である「SHR方式」を採用しているため短期間で脱毛が完了します。SHR方式は毛周期に関係なく脱毛ができるため、最短でも1週間〜10日に1度の脱毛が可能です。
通い放題なので部位を変えて毎日通うこともできます!そうすれば圧倒的短期間で全身脱毛も完了させられます。(最短6〜8ヶ月で可能な場合もあり)
普通の脱毛サロンなら「予約は3ヶ月先」というのが当たり前なので、どれだけ脱毛しやすい環境かわかっていただけるはずです。

脱毛方法ごとにかかる料金と脱毛期間を比較

各店舗の方式によって、脱毛費用や脱毛期間は大きく異なります。では、それぞれの脱毛方法とハイジのセルフ脱毛を「全身脱毛」を行う場合で比較していきましょう。

ハイジのセルフ脱毛通い放題

料金:月額5,000円(12ヶ月で約6万円) ※キャンペーン価格
全身脱毛完了までの期間:約6ヶ月〜1年
全身脱毛完了までの回数:約12回〜

【メリット】
・定額制の通い放題なので回数を気にする必要がない
・24時間365日いつでも好きな時に自由に脱毛ができる
・人件費がかかっていないため超低価格の料金
・最新の脱毛方式により短期間で脱毛できる
・痛みがほとんどない

【デメリット】
・背中などやりにくい箇所がある(恋人・夫婦・友達などペアで入室し対応可能)

医療レーザー脱毛クリニック

料金:40万〜80万
完了までの期間:1年半〜2年
完了までの回数:約8回

【メリット】
・高い脱毛効果を期待できる
・少ない回数で脱毛が完了する

【デメリット】
・高額
・痛みが強い
・予約が取りづらい

美容脱毛サロン(IPL方式)

料金:25万〜50万
完了までの期間:約2年〜3年
完了までの回数:12回〜

【メリット】
・痛みが少ない
・1回の施術時間が短い

【デメリット】
・予約が非常に取りにくい
・脱毛にかかる期間が長い
・高額

安すぎる料金設定には注意が必要

「1回100円」や「月々3,000円」などのあまりにも安すぎる広告を大々的に打ち出している脱毛サロンや脱毛クリニックには注意が必要です。
例えば、初回のみ100円でその後高額な全身脱毛の勧誘をされる可能性が高いです。

一般的な脱毛料金よりも大幅に安い料金で広告を打ち出しているサロンなどは、契約前に利用規約や料金の説明を細かくして貰いましょう。
店舗によってはしつこいぐらいの強引な勧誘をされるところもあるので注意が必要です。

ハイジでは完全無人で人件費がかからない為、圧倒的低価格が実現できています。
完全無人のセルフ脱毛なので勧誘なども無いので安心してください。

セルフ脱毛サロンハイジで気軽に脱毛を

セルフ脱毛サロン「ハイジ」は、月額5,000円でできる定額制のセルフ脱毛サロンです。脱毛にかかる期間も最短で6ヶ月ほどで完了するので、超短期間で全身脱毛したい方にもオススメです。
自分がいきたいタイミングに合わせて、気軽に店舗へいけるのがセルフ脱毛の魅力。VIOなどの見せるのが恥ずかしい部分もセルフ脱毛なら安心して脱毛ができるでしょう。

ハイジではお試しプランなども用意しているので、初めての脱毛で不安がある方はお気軽にご相談くださいね。

セルフ脱毛前の注意点

こちらも参考にどうぞ→「セルフ脱毛前の自己処理方法

セルフ脱毛をする際に疑問に思うのが、事前の自己処理が必要かどうかなのでは無いでしょうか。
一般的な脱毛サロンなどでも、脱毛前には毛の自己処理をお願いされます。

セルフ脱毛サロンも同様で、必ず脱毛前に自己処理してからご来店してもらっています。
毛が長いまま脱毛をしてしまうと、火傷などの肌トラブルが起きやすくなってしまいます。

そこで、今回はセルフ脱毛をする前に重要な毛の自己処理について、処理方法や注意点を詳しくご紹介します。

セルフ脱毛では脱毛前に自己処理をすることが特に大切

セルフ脱毛では、脱毛前の自己処理は特に重要です。毛が長いままだと、火傷などの肌トラブルが起きやすく、快適な脱毛を行えない可能性が高くなってしまいます。
ハイジは完全無人のセルフ脱毛サロンのため店舗スタッフが行うシェービングサービスなどはありません。そのため、現地での処理もれなど自分では気付きづらいので、ご自宅で丁寧な自己処理を行うことが重要になってきます。
脱毛前には、丁寧に自己処理をしてから来店するようにしましょう。
部位によっては綺麗に処理しきれない部分もあると思いますが、肌を傷つけない程度に処理するようにしましょう。

セルフ脱毛前の自己処理を怠ると火傷の可能性がある

セルフ脱毛前の自己処理を怠ると、過度に熱を感じやすく火傷などの肌トラブルになる場合もあります。

ハイジで行うセルフ脱毛では熱エネルギーを利用して脱毛していきます。毛が長いまま光をあててしまうと熱エネルギーが強く毛に伝わりやすく、火傷などの肌トラブルが発生しやすくなってしまいます。

セルフ脱毛前の自己処理方法と注意点

セルフ脱毛前に行う自己処理の方法と注意点をご紹介します。
・自己処理方法は電動シェーバーがオススメ
自己処理のシェービングは、電動シェーバーがオススメ。電動シェーバーであれば、網刃と呼ばれる外側の刃があるため肌を傷つけずに自己処理を行うことができます。
T字カミソリなどは、刃が肌へ直接当たるため皮膚にダメージを与えやすいのであまりおススメできませんが、電動シェーバーをお持ちでない方はT字カミソリで代替ください。

そのほかに、自己処理をする際の注意点をご紹介します。
毛を抜かない
除毛クリームで自己処理をしない
毛の流れに逆らって剃らない
深ぞりをしない

自己処理の範囲は脱毛する部位だけ

自己処理をする際には、脱毛をしたい部分だけシェービングしてください。

また、手が届かない範囲の自己処理も無理にしないようにしましょう。頑張ってシェービングしようとすると、肌を傷つける可能性があります。友達や恋人、家族にシェービングをお願いして、お肌を守るようにしてください。

ちなみにハイジでは友達や恋人、親子でペアで一緒にご利用も可能なので、手の届かないところもセルフ脱毛できてしまいます。
※2名とも同じプランの購入が必須です。

セルフ脱毛前に自己処理をして痛みのない脱毛を

ハイジのセルフ脱毛は自己処理や機械の扱い方をきちんと行えば痛みのほとんどない脱毛ができます。特に、自己処理を怠ると快適な脱毛ができなくなり、サロンへ通うのが嫌になってしまうでしょう。

そのようにならないためにも、セルフ脱毛前には必ず事前の自己処理を丁寧に行ってから来店するようにしてくださいね。

初めてのセルフ脱毛ならハイジへ

セルフ脱毛は怖くない

ハイジでのセルフ脱毛は、初めてのセルフ脱毛に不安を感じている方でも安心して行っていただけるよう工夫されています。
ハイジで行えるセルフ脱毛はほとんど痛みがなく、それでいて脱毛効果は一般的な美容脱毛サロンで得られるものとほとんど変わりません。

セルフ脱毛は正しい通い方を守ることで、安全に使用可能です。初めての方でも不安にならず、店舗へ通ってセルフ脱毛をするという新しい選択肢としてお勧めなのがハイジの脱毛方法になります。

初めてでも安心のハイジのセルフ脱毛

ハイジのセルフ脱毛が初めての方でも安心なのはなぜか?

1.最新の脱毛方式で痛みが少ない

ハイジは、痛みの少ない最新の脱毛方式「SHR方式」を採用しており、痛みを極限まで減らした脱毛を実現しています。SHR方式は、毛の成長を促す領域である「バジル領域」を破壊することで、脱毛の効果を期待できる新しい脱毛方法です。
痛みを感じやすい毛根や皮膚組織にダメージを与えないので、痛みを感じずに安心して脱毛ができるでしょう。

2.日本製の脱毛機で安全性抜群

ハイジで使用している脱毛機は全て純国産です。日本の厳しい検査基準を合格している脱毛マシンなので、万が一の事故が起きる可能性も限りなく低いです。
初めてのセルフ脱毛で、機械の操作などにも不安があるかもしれません。ですが、ハイジのセルフ脱毛機は操作も非常に簡単で、店内には写真付きのマニュアルも置かれているので、脱毛が未経験の方誰でもすぐにセルフ脱毛が可能です。

3.完全無人のプラベート空間

完全個室のプライベート空間なので、自分の好きなペースで脱毛ができるのもハイジのセルフ脱毛が安心できる理由。
セルフ脱毛なので、少しでも痛みを感じる部分があれば、自分のペースでゆっくりと丁寧に脱毛ができます。
また、他のセルフ脱毛サロンと異なり、同時に二人までペアで入れます。友達同士や恋人や夫婦、親子でも入室できます。
最初に不安に感じる時や手の届かない背中などを脱毛しあうこともできるので好評です。
意外と他のセルフ脱毛サロンではないシステムなので、お勧めです!
※お二人とも同じプランの購入が必須です。

ハイジのセルフ脱毛は痛くないので安心

近年、男性・女性問わず脱毛は非常に注目を集めています。その中で安心安全な全く新しいスタイルの脱毛を提供するのがセルフ脱毛サロンハイジです。

店舗で行うセルフ脱毛
24時間364日毎日営業
完全個室のプライベート空間
同時に二人まで入店可能

など、従来の脱毛サロン、セルフ脱毛サロンとは異なります。

脱毛に不安を感じている方でも安心できる環境が整っているので、ぜひハイジでセルフ脱毛にチャレンジしていただければ嬉しいです。

セルフ脱毛の痛み

ハイジのセルフ脱毛は痛くない

ハイジで行うセルフ脱毛は、痛みをほとんど感じないので安心して脱毛してもらえます。
ハイジでは最新の脱毛方式である「HHR方式」を採用している脱毛器を導入しています。HHR方式は脱毛時の痛みがほとんどなく、連射速度が早いので短時間で施術を終えられるのが特徴です。

また、ハイジで使用している脱毛器は大手美容脱毛サロンで使用しているものと同等の、プロ仕様のマシンになります。
日本製で安全性が高い脱毛器をセルフ脱毛用に更に安全性を高め、簡単に操作ができるようカスタマイズした特別なマシンなんです。そのため、脱毛をすること自体が初めての方でも、安全に痛みの少ない脱毛をすることができます。

セルフ脱毛での痛み

脱毛による痛みは毛根に加わる熱が原因

脱毛が「痛い」と感じる原因は、発毛細胞がある毛根へ光を照射することで発生する「熱エネルギー」によるものが大きいです。また発生した熱エネルギーは毛根だけでなく周辺の皮膚組織にも伝わってしまうのでより痛みを感じやすいとされています。
脱毛の光は黒いものに反応する特性を持っているので、毛が長く残ってしまっているとその部分に過度に熱が加わりやすく火傷等のリスクにつながります。その為必ずご来店前の事前の自己処理をお願いしています。これは一般的な美容脱毛サロンでも同じです。
ご来店前の事前の自己処理についてはこちらをお読みください。

しかしハイジのマシンはセルフ脱毛用に改良してあるので、熱さや痛みを最大限まで感じないように調整してあります。それでいて効果はしっかりと感じていただけるはずですので、お客様には安心して安全な脱毛器をご使用いただけます。

部位によって痛みの感じ方は変わる

セルフ脱毛を行う際、部位によって痛みの感じ方は変わってくることが多いので、事前に把握しておくと安心です。男性・女性問わずVIO部分や脇などの「皮膚が薄い部分」や「毛が太い(濃い)部分」は多少はセルフ脱毛でも少しだけ痛みを伴う可能性があります。
セルフ脱毛をする際には、脱毛する部位に注意しながら少しずつ進めましょう。

ハイジのセルフ脱毛が効果的でも痛みを感じにくい理由

ハイジではHHR方式のフラッシュ式光脱毛機を採用することで痛みのほとんどない脱毛を実現しています。では、そのHHR方式とはどのような脱毛方法なのか詳しくご紹介していきましょう。

従来のエステ脱毛には2種類の脱毛方式があります。
毛根にダメージを与え、主に濃い毛に効果が期待できる「IPL方式」と発毛の指令を出す細胞へダメージを与えて毛が生えるのを遅らせる「SHR方式」です。
ハイジで採用している脱毛器はIPL方式とSHR方式の良い部分を掛け合わせた最新型脱毛方式「HHR方式」です。

バジル領域にダメージを与える「SHR方式」

SHR方式とは、「蓄熱式脱毛」とも呼ばれており、毛の成長に関わる「バジル領域」に熱でダメージを与えることで毛の成長を抑えることができます。
SHR方式は発毛細胞へ直接強いダメージを与えないので、痛みをほとんど感じることなく脱毛できるのが特徴です。痛みが少なく安全性の高い脱毛方式と言えます。
ターゲットがバルジ領域のため毛周期に関係なく最短2週間で施術可能なのでご満足されるまでの期間が短いのもポイントです。

発毛細胞へ直接ダメージを与える「IPL方式」

IPL方式とは光の熱エネルギーで毛乳頭や毛根に熱を与え発毛細胞へダメージを与えます。発毛細胞にダメージを与えることで、毛の発生を抑制する効果を期待できます。メラニン量の多い部分に反応しやすいので太くて濃い毛に反応しやすく、発毛部にダメージを与えるため成長期の毛は効果を実感しやすいのが特徴です。
色の濃いものに反応しやすいので、肌色が濃い方はパワーが不十分になってしまったり痛みを強く感じたりすることもあります。
毛周期にあわせて1~3カ月ごとの施術となるので完了まで長い期間かかってしまいます。

どちらの方式もメリットとデメリットがありますが、「HHR方式」はIPL方式とSHR方式の良い部分を組み合わせた最新の方式となります。ハイジのマシンは「HHR方式」を採用し、さらにセルフ脱毛用に改良してあるので、熱さや痛みを最大限まで感じないように調整してあります。

痛みのないセルフ脱毛

セルフ脱毛ハイジの脱毛は痛みがないので安心して光をあてることが出来ます。
従来とは違う新しい脱毛方法を取り入れたハイジで、好きなだけセルフ脱毛を行なってください!

ハイジは完全無人のプライベート空間で、24時間365日自由に脱毛が可能です。(営業時間は店舗により異なるので店舗ページをご確認ください)
まずはお試し体験から、ぜひ♪