うなじもセルフ脱毛できる!注意点やおすすめの脱毛方法を解説

2022.08.05

うなじもセルフ脱毛できる!注意点やおすすめの脱毛方法を解説

うなじは自分からは見えませんが、周りからはバッチリと見られている部位です。腕や脚と違って、ついついお手入れを忘れてしまいがちではありませんか?

とくに髪の毛をアップにすることが増える暑い季節は、うなじに目が行きやすいためしっかりお手入れをしておきたいものです。

しかし、うなじは目で見て確認しづらいため、セルフ脱毛がやりづらいと感じている方も多いのでしょう。

そこで今回は、うなじをきれいにセルフ脱毛するための注意点や、おすすめの脱毛方法について紹介します。

 

うなじをセルフ脱毛するメリット

うなじをセルフで脱毛するメリット

うなじをセルフ脱毛するだけで、「人生が大きく変わった」と感じる方もいます。

大げさに聞こえるかもしれませんが、それだけうなじのムダ毛は周りの視線が気になりやすい部位なのです。

 

どんなヘアアレンジも楽しめるようになる

うなじをセルフ脱毛すれば、今まで諦めていたヘアアレンジも好きなように楽しめるようになります。ムダ毛が気になって髪の毛をアップにすることへ抵抗を感じている方は多いはずです。

セルフ脱毛をしてしまえば、「毛深いと思われたらどうしよう」と心配する必要なく、いつでもうなじが見える髪型にできます。

 

真後ろに人がいてもムダ毛を見られる心配がない

うなじのムダ毛が気になって、隠すように髪の毛を下ろしている方もいるのではないでしょうか。

セルフ脱毛すると、学校で「後ろの席の人にうなじの毛を見られているかも」と不安になる必要がありません。

ムダ毛のないツルツルのうなじを手に入れられるため、誰かに見られる心配をせず毎日を過ごすことが可能です。

 

清潔感がアップする

うなじのお手入れが行き届いていると、それだけで清潔感がアップします。

逆にうなじのムダ毛が目立つ状態だと、「もしかして、そういうのをあまり気にしない人なのかな?」と思われてしまう可能性も。

ほかの部位をどれだけ丁寧に脱毛していても、うなじにムダ毛があるだけで台無しになってしまうことがあるので注意しましょう。

 

うなじはデザインで印象を大きく変えられる

うなじはデザインで印象を大きく変えられる

うなじの形は、その人の印象を左右する大切なものです。形が違うだけで可愛らしくなったりボーイッシュになったりとイメージが大きく変わります。

セルフ脱毛を行う前に、どのような形のうなじにしたいのかをまずはチェックしておきましょう。

 

①W型

Wの形をしており、日本人で多く見られます。ごく自然なデザインで、どのようなヘアスタイルにもマッチする形です。

 

②MW型

W型と似ていますが、Wの真ん中の山にあたる部分がMのような形になっています。

こちらも自然な形ですが、W型よりも美しさを与えやすいことが特徴です。

 

③U型

なめらかな曲線を描いており、やわらかい印象を与えます。可愛らしく見せたい方におすすめです。

髪の毛をアップにしたときにきれいにまとまるため、清潔感も与えられるでしょう。

 

④直線型

丸みがなく直線になっており、スッキリとした印象を与えます。

きれいや可愛いというよりは、ボーイッシュや元気らしさをイメージさせる形です。

 

うなじをセルフ脱毛する手順

うなじをセルフで脱毛する手順

セルフ脱毛器を使用してうなじの脱毛を行う場合は、次のような手順で行うことでキレイに脱毛できます。

うなじの形をあらかじめ決めておく

どのようなうなじの形を目指すのか、セルフ脱毛を行う前にあらかじめ決めておきましょう。そうしなければ、セルフ脱毛器を使用する際にどこまで照射していいのか迷ってしまいます。

迷った場合は、W型やMW型など自然に整えられる形がおすすめです。

 

脱毛の前に自己処理を行う

照射する前に、カミソリや電気シェーバーを使って必ずムダ毛を短く揃えておいてください。そのまま照射するとムダ毛に熱が過剰にこもり、やけどしてしまうことがあります。

また、毛根へのダメージ量が減る恐れもあるため自己処理は必ず行っておきましょう。

髪の毛を結んで固定しておく

誤って髪の毛に照射してしまわないように、ヘアゴムで縛って照射しやすくしておきます。ヘアゴムで結べない短い毛は、ピンやマスキングテープを使って押さえてください。

髪の毛が長い方は、結んだ髪の毛のけ先がうなじに当たらないように注意しましょう。

手鏡や三面鏡などを利用して照射していく

うなじは目で直接見ることができないため、照射する際は鏡を見ながら行っていくことが一般的です。事前の自己処理も鏡を使うことでうまく行えるようになります。

どうしても一人では難しいと感じた場合は、パートナーや友人などに手伝ってもらうと安心です。

うなじをセルフ脱毛するときの注意点

うなじをセルフで脱毛するときの注意点

うなじをセルフ脱毛するにあたり、いくつか注意点があります。

守らずに脱毛すると、かえってムダ毛が目立つようになったり、取り返しがつかないことになったりするので事前にしっかり確認しておきましょう。

 

髪の毛に照射しないように気をつける

うっかり髪の毛に照射すると、強い痛みを伴う恐れがあります。照射する際は、鏡を見ながら慎重に行いましょう。

一度に照射する範囲が狭いカートリッジのものを使うと、必要な部分だけ光を当てられます。

うなじ用のカートリッジが販売されているセルフ脱毛器を使うとストレスなく照射できるでしょう。

 

背中との境目が目立たないように注意

うなじだけを脱毛すると、背中との境目が目立ってしまうことがあります。角度や着る服によっては背中のムダ毛が見えることもあるため注意してください。

「なんで背中だけ毛深いの?」と思われてしまうのを防ぐために、できれば背中の上部も一緒に脱毛してしまうのがおすすめです。

 

セルフ脱毛器だと時間がかかることがある

セルフ脱毛器はいつでも好きなタイミングで誰にも見られず脱毛ができる素敵なアイテムですが、自宅で安全に使用できるように出力が抑えられて作られています。

そのため、脱毛サロンに通うよりも完了までに長い期間かかることがデメリットです。

うなじのムダ毛は産毛のように細く、セルフ脱毛器の光が届きにくいこともあり、腕や脚と比べるとさらに時間がかかってしまいます。

 

脱毛中は紫外線対策を行う

セルフ脱毛中は、紫外線対策を毎日行うようにしてください。

日焼けするとセルフ脱毛器の光が肌に集中してトラブルを起こしやすくなったり、お肌の水分量が減少してバリア機能が低下したりする恐れがあります。

うなじは日焼け止めを塗るのを忘れやすい部位ですが、脱毛中は忘れずに塗る習慣をつけましょう。

 

うなじのセルフ脱毛でよくある質問

うなじのセルフで脱毛でよくある質問

うなじのセルフ脱毛でよく聞かれる質問を3つ厳選してお答えしました。

気になっていることがある方は、ぜひチェックしておきましょう。

 

Q.脱毛前の自己処理はどうやって行えばいい?

鏡を2つ用意して片方を顔の前に、もう片方をうなじが映るように合わせ鏡にすることで自分で自己処理できるようになります。

 

Q.襟足とうなじって何が違うの?

襟足は首の後ろの生えている髪の毛の生え際のことです。

うなじは生え際より下の部分を指します。襟足は髪の毛と見分けがつかないことが多く、むりに脱毛しようとすると痛みや火傷のリスクを伴う部位です。

脱毛を希望する場合は、サロンやクリニックで相談したほうが安心でしょう。

 

Q.何回くらい脱毛したら効果があるの?

脱毛サロンに通った場合は、12回以上通うことで効果を実感できる方が多いようです。

セルフ脱毛器の場合は出力が脱毛サロンより弱いため、さらに回数が必要になると考えられます。

 

うなじ以外も気になってない?セルフ脱毛ならハイジがおすすめ

うなじ以外も気になってない?セルフで脱毛ならハイジがおすすめ

「うなじも気になるけど、本当は全身脱毛したい」

「だけどお金がかかるから、まずはうなじだけで…」

 

と思っていませんか?セルフ脱毛サロンのハイジなら、低価格で全身好きな部位を脱毛したいというあなたの夢を叶えられます。

 

セルフ脱毛サロンハイジとは?

ハイジは、マシンを使って自分で照射していく話題の脱毛サロンです。入店から退店まで完全無人のため誰にも会うことがありません

24時間365日いつでも予約できるため、忙しい方でも定期的にしっかりと通えることが特徴です。うなじの脱毛がしやすいように各個室には姿見と手鏡があるので安心して照射を行えます。

料金は月額定額5,000円から!脱毛し放題だから全身お手入れできる

ハイジには、月額5,000円から通い放題のコースを準備しております。もちろん脱毛する部位に制限はないため、気になるところは好きなだけ脱毛してOKです。

セルフ脱毛サロンなので自分で照射していくという手間はかかりますが、高額なセルフ脱毛器を購入するより安く済む場合もあります。

セルフ脱毛器と違って顔(鼻から下)やVIOも脱毛可能です。

 

プロ仕様のマシンを採用しているから効果を実感しやすい

ハイジで採用している脱毛マシンは、HHR方式のプロ仕様のものです。

メラニン色素ではなく発毛の司令塔であるバルジ領域をターゲットとしているため、うなじのような産毛にも効果を発揮します。脱毛サロンと同等の出力を出せるので、早く効果的に脱毛したい方におすすめです。

 

まとめ

まとめ

うなじはセルフ脱毛でもキレイに整えることができます。

セルフ脱毛を行う場合は、髪の毛に照射してしまわないようにヘアゴムで髪の毛をまとめ、ヘアピンやマスキングテープで落ちてこないように固定しておきましょう。

セルフ脱毛器だと脱毛完了までに時間がかかってしまうため、セルフでなるべく早く脱毛したいという方はハイジをぜひ検討してみてください。

脱毛サロンと同等のパワーをもったマシンを用意しているので、うなじはもちろん全身好きな部位をいつでも脱毛できます。

ページTOPへ