店舗数日本一全国56店舗
セルフ脱毛サロン ハイジフランチャイズ加盟募集のご案内

店舗数日本一全国56店舗

最新情報

 
 
 

セルフ脱毛サロンとは?

  • 業務用の脱毛器をお客様が自分(セルフ)で操作して施術する脱毛サロンです。
    一般的な脱毛サロンは数十万円と高額ですが、セルフ脱毛サロンの場合は最大10分の1程度の価格で利用可能な為お客様から大変ご支持いただけております。

    詳しくはお客様用サイトをチェック

店舗ビジネスって…

店舗ビジネス・フランチャイズ開業が
初めての方もご経験済みの方も、
こんなお悩みや不安、ありませんか?

そのお悩みを解決しながら
しかもしっかり稼げます!

  • オーナー1人だけで経営できる!完全無人で接客不要

    独自のシステムにより、完全無人化。人を雇わずできるので人件費もマネージメントも一切不要。更に対面接客も一切不要。
    独自の防犯・決済・予約・契約などノウハウも全てご提供致します。
    フルタイムの会社員の方も副業で経営されています。

  • 450万円から開業できる!低予算で低リスク

    物件初期費用・内装費・加盟金など全て含めて最低額約450万円から可能。サロン部屋も1Rで十分な為ランニングコストも低く低リスクなビジネスです。(平均的に500万円程度が現実的な初期費用です)

  • 完全未経験OK!資格・免許不要

    セルフ脱毛サロンの開業には資格や免許は一切不要。美容業界が初めての方でもスムーズに開業が可能です。保健所のチェックなども不要で面倒な手続きはありません。

数あるセルフ脱毛サロン会社
の中でも
ハイジがオーナーさんに
選ばれる理由

  • 圧倒的なブランド力

    セルフ脱毛サロン業界で、ハイジは圧倒的No.1の店舗数。SEO(Google検索)も上位で、メディアからの取材も多数。ハイジブランドを使用すれば集客が圧倒的に有利です。

  • 長期契約による安定収入

    対面接客や電話対応せず、独自のノウハウで長期契約に誘導。長期契約会員様が多い為ストックビジネスに近い感覚で経営していただけます。意外と安定するビジネスモデルです。

  • 業界で店舗数No.1

    数あるセルフ脱毛サロンの中で店舗数はハイジが一番多いです。店舗数の多さは知名度に比例するので、結果集客に繋がりオーナーさんの安定収益へとつながります。

ハイジのフランチャイズとしての強み

  • 01最先端のハイジ オリジナル脱毛器

    大手脱毛サロンと同等スペックの業務用脱毛器

    • 安心安全の日本製!国産脱毛器
    • 肌ダメージの少ないHHR方式を採用
    • 脱毛時間・脱毛期間を大幅短縮
  • 02顧客管理システムを独自開発

    「予約決済」と「スマートロック」の連携システムにより、予約・決済・入退室管理すべてが一元管理

    • 鍵の受け渡しは人による対応が一切不要
    • お客様は手ぶらで入退出が可能
    • 予約時間内は他の方が入室できない仕組み
  • 03顧客へのステップメール機能

    顧客システムと連動したメール配信機能

    • チケット購入者へ自動配信メールが可能
    • 「予約終了から〇〇日後」などの配信設定
    • キャンペーンなどの案内にも活用が可能
  • 04SECOM導入による防犯システム

    防犯システム完備で、無人の不安を払拭

    • サロンの鍵はオートロック
    • 防犯カメラも設置(施術ルームは映りません)
    • 異常があればSECOMが駆けつけ
  • 05IoT機器導入による室内管理

    室内空間の管理を無人・自動化

    • 退出時間を自動音声で告知
    • 予約時間外は照明・空調を自動オンオフ
    • 電気代のコスト削減に貢献

ハイジと他セルフ脱毛
サロンとの比較

  ハイジ 受付あり
セルフ脱毛サロン
他完全無人
セルフ脱毛サロン
初期費用

500万円程度
最低限の価格で開業可能。無駄を徹底的に抑えた上で、最適な機材やシステムの組み合わせなどで工夫。


1,500万円程度
内装工事だけで数百万円、
脱毛器を複数台購入のため高額投資に。


500万円程度
物件選定やシステムなどノウハウがなく無駄な初期費用が発生してしまうことも。

ランニングコスト

ロイヤリティは月額3.5万円(税別)のみ。売上に関わらず固定なので利益を上げやすい。
また物件選定やシステム選定等独自ノウハウで低額工夫。


受付スタッフの人件費、広い店舗家賃や複数台の脱毛器の維持費用等で月額100万円程度は発生。


特にシステム関係など選定を間違えると高額に。ノウハウがない中での開業の為、様々なものが非効率になってしまいがち。

安全性
防犯

医師・医学博士が医療顧問なので安心。医師が安全性を認めており、さらに加盟店オーナー様でも2名医師の方がいらっしゃいます。
またSECOMとの業務提携で防犯はバッチリ。


受付があるので防犯面などは安心。ただし医療機関専門家のアドバイスはないので怪我のリスクなどは未知数。


特に無人での入室管理はノウハウがないとかなりの危険が伴うので要注意。

集客力

セルフ脱毛サロン」のGoogle検索結果で首位など、SEOやMEOでは独自ノウハウを活用し圧倒的な強さ。
ウェブ戦略には最も力を入れています。
また、ウェブ広告ではプロフェッショナルの広告代理店パートナーがあるので効率的な広告出稿のサポートが可能。


Google検索結果での上位表示(SEO)はノウハウがなければ難しいものなので、ホットペッパーなど多額な広告費をかけなければならない。


Google検索結果での上位表示(SEO)はノウハウがなければ難しいものなので、ホットペッパーなど多額な広告費をかけなければならない。

脱毛器

セルフ脱毛専用のオリジナル脱毛器を使用。「HHR」方式という最新式で、痛みは最小限ながらも効果は抜群。男性女性問わず、効果の満足とはかなり高いです。
フランチャイズ加盟の特典として、ランプ交換し放題という脱毛業界初の脱毛器にで、ランニングコスト大幅減。


どの脱毛器を選べば良いのか選定が難しい。脱毛器は玉石混合の為、選定をミスしてしまうとお客様の怪我など致命的なトラブルの元に。一般販売されている脱毛器では「SHR方式」と言われるものが大半で、男性の濃い毛などには効果が出にくいので男性の満足度は低くなります。
そして実はランプ交換で年間数百万円かかるので要注意。


どの脱毛器を選べば良いのか選定が難しい。脱毛器は玉石混合の為、選定をミスしてしまうとお客様の怪我など致命的なトラブルの元に。一般販売されている脱毛器では「SHR方式」と言われるものが大半で、男性の濃い毛などには効果が出にくいので男性の満足度は低くなります。
そして実はランプ交換で年間数百万円かかるので要注意。

という方へ脱毛業界は、結論、
今アツい業界です!脱毛業界の最新状況
セルフ脱毛の可能性
お伝えします

01コロナ禍でも成長を続ける「脱毛市場」

2020年度のエステティックサロン市場規模は、事業者売上高ベースで3,436億円。その中で脱毛業界は他の施術分野に比べ市場成長を続けています。女性は、脱毛1回あたりの利用料金が過去5年間で最も高くなり、男性は、年間利用回数・利用金額とも前年に比べて増加しています。

女性の脱毛サロンに使う金額が増加

※出典:「美容センサス 2021年上期≪エステサロン[脱毛]編≫ 」
株式会社リクルート

女性の利用金額が、過去 5 年間で最も高く 9,419 円となっています。
コロナ禍で来店頻度が下がっ た分、「1 回の施術でしっかりケア」という意識の高まりから、サロン利用時間が伸びていることがうかがえます。

男性の脱毛サロン年間利用回数・金額も増加

※出典:「美容センサス 2021年上期≪エステサロン[脱毛]編≫ 」
株式会社リクルート

年間利用回数の調査では、男性の脱毛サロンの利用率が前年比26%増加。
年12回以上利用する人数もここ4年で最多となっており、男性の脱毛需要も伸びていると言えます。

02無人・セルフビジネスのチャンス到来!だからこそセルフ脱毛

※出典:「コロナ禍の脱毛意識に関する調査」KIREIMO(キレイモ)

新型コロナウィルスの影響で、サービスの無人化(セルフ化)が一気に加速しました。
(例) セルフエステ 、セルフレジ(UNIQLOや大手スーパーコンビニ)、タッチパネル注文、無人書店、無人レストラン、無人ドレスショップ、AIチャット 等。

また、脱毛サロンKIREIMOの「コロナ禍で脱毛意識が変わったか?」という調査では、コロナ禍であっても脱毛に対する意識は変わらないという回答が過半数を占める結果になりました。
無人・セルフビジネスに追い風の中、先行者利益を勝ち取るには今がチャンスです。

03メンズ脱毛業界で「セルフ脱毛」が求められる理由

※出典:「男性合計400人を対象【男性の脱毛に関するアンケート】」
男性メディアdanCE

メディア「danCE(ダンシー)」のメンズ脱毛意識調査によると、20代から50代男性の68%が「脱毛を検討したことがある」にも関わらずそのうち86%が「脱毛サロンを利用したことがない」というデータがあります。

脱毛に踏み出せない理由として「料金面が不安」が74%を占めています。
そしてこちらには記載がありませんが、潜在的な一番大きなネックは「恥ずかしさ」です。男性の中ではまだ脱毛が一般的ではなく、周りでもしている人が少なく、気軽に行こうと思えるものではないこと。何より、脱毛が初めてで、他人(セラピストさん)に脱毛をしてもらうことにとにかく抵抗があります。女性のセラピストさんは当然恥ずかしいですが、男性のセラピストさんでも、違う恥ずかしさがあるものです…
それがセルフ脱毛サロンであれば、人目を全く気にせず、自分自身でセルフで好きな部位を好きなだけ脱毛できるので、これほどマッチする業態はありません。さらにハイジの無人モデルであれば、受付スタッフさんとも対面する必要がないので、よりプライバシーを守れて気軽に通うことが可能になります。

また一般的な脱毛サロンの費用は30〜50万円程度と高額のため、どうしても金銭面がネックになってしまいます。
一方セルフ脱毛サロンハイジでは、6万円前後で全身脱毛で可能なため、女性だけでなく男性の利用者が増えています。リアルな数字では、7割程度が男性のお客様です。(意外ですよね!)

04介護脱毛という新しいニーズも

出典:「40~50代男女1100名に聞く老後と介護調査」リゼクリニック

「自分の老後を想定し、清拭時に介護者(第三者)に対し負担をかけないよう、毛が黒いうちにあらかじめアンダーヘア脱毛をしておく」いわゆる介護脱毛というニーズが増えています。
リゼクリニックによる40~50代男女1100名への調査によると、介護脱毛を希望する方は、女性54.9%、男性31.1%と急増しています。 男性の介護脱毛の認知度は前年と比べ3倍に増加していると言われています。

そして、介護脱毛こそ、恥ずかしくて「通いたくても通えない」というセルフ脱毛のニーズの塊なのです。介護脱毛=VIO脱毛なので、それこそセラピストさんに脱毛してもらうのは本当に恥ずかしいものです。
それがセルフ脱毛、そしてハイジの無人脱毛の仕組みであれば、一切恥ずかしさを感じることなく自由に介護脱毛でもセルフでできます。
性別・年齢ともに需要が広がっている脱毛業界、その中でもセルフ脱毛サロンは、今がビジネスチャンスです。

セルフ脱毛サロンハイジ
開業にかかる初期費用
合計500万円程度(物件取得費等全て含む)

〈内訳〉

加盟金 70万円
脱毛器 210万円
無人システム 65万円
物件取得費 実費
内装費 30万円前後
SECOM警備システム 20万円
SECOM保険 0.2万円
備品 25万円前後

※税別表記

初期費用についてお伝えしたいこと

ハイジでは「無駄な経費は抑える」ことを主義としており、ビジネスの原則に乗っ取り「小さくはじめてリスクは最小限におさえる」ことにこだわっております。
これはフランチャイズ加盟店様にもお願いしております。
理由は簡単です。【1日でも早く黒字化し1円でも多く利益を出してもらいたい】為です。もちろんただケチになるということではなく、「無駄な出費はしないようにこだわる」ということです。

セルフ脱毛サロンのような小規模のビジネスの最大の魅力は、初期投資額の低さ、そして初期投資回収の早さと黒字化スピードの早さという点ではないでしょうか。
そんな中でもハイジでは初期の開業費用は最低300万円程度〜、単月黒字化は最短3ヶ月程度(平均6ヶ月程)、初期費用回収は最短12ヶ月〜15ヶ月程度で可能です。(開業費用の平均値は500万円程度です)
これは他の店舗ビジネスに比べて、圧倒的に低コスト低リスクで早いスピードと自負しております。
更に、受付も不要な完全無人の為、採用費用がかかりません。毎月の人件費も発生しないので、一般的な脱毛サロンや受付のあるセルフ脱毛サロンに比べ、毎月数十万円〜100万円程度初期費用が削減できます。この差は本当に大きいです。。経営者の方ならよくおわかりいただけるはずです。

そもそも、セルフ脱毛サロンは普通の脱毛サロンとは異なり、駅ビルなどに入り集客するというモデルではありません。
重要なのはブランド力、コンセプトや料金システムなど、ビジネスのベースとなる事項です。
余計なものに最初から費用をかける余裕があるのであれば、絶対に広告宣伝費に回していただくことをお勧めします。
物件や内装についてはもちろん最低限の清潔感は必須ですが、数百万円かける必要は全くありません。家賃は10万円前後、最初にかける内装費も25万円程度で十分です。
他のセルフ脱毛サロンのフランチャイズと是非比較してみてください。
「物件や内装にお金をかけましょう」というところはそれだけ開業費用が高くなり、初期投資の回収や黒字化が遅くなってしまうので要注意です。
また、ハイジでは本来は高額になってしまう無人システムや予約決済システム、内装も含め独自の手法により最低300万円程度から可能なように尽力しました。「完全無人」という特別なシステムなのにここまで開業費用やランニングコストを抑えられるのはハイジだけだと思います。
ただし言わずもがなですが、資金には余裕をもち開業してください。初期費用ギリギリでの開業はお勧めできません。(800万円程度はご用意ください)

開く +

セルフ脱毛サロンハイジ
月の収支例

売上高 80万円
支出  
ロイヤリティ 3.5万円
システム諸経費 13万円
SECOM 1.5万円
賃料 10万円
光熱費 1万円
備品 1万円
広告費 7万円
営業利益 43万円

※あくまでもイメージです。売上・利益を保証するものではございません。

バックアップ体制について

率直に申し上げますと、ロイヤリティが月額3.5万円のみと少額な為、大手のフランチャイズよりもサポート力が劣る点があるかと思います。
ただし、当然サポートの手を抜くようなことは決してございません。専属のサポート担当者がマンツーマンで、オープン準備のサポートから、オープン後も1日でも早く黒字化するよう全力でサポートさせていただきます!

オープン前

・立地相談
・物件選びの基準やノウハウ提供
・備品リスト共有
・脱毛器や各種システム導入サポート
・その他オープンに関わる全ての質疑応答やサポート

オープン後

・他店舗の成功事例・失敗事例の共有
・売り上げアップの相談
・キャンペーン等プラン設定の相談
・その他店舗運営に関わる全ての質疑応答やサポート

こんな方はお断りさせて
いただいています

  • 完全な投資目的の方(ビジネスとして本気で経営いただけることが必須です)
  • フランチャイズグループの輪を乱すような方
  • 縛りなく自由な店舗運営をされたい方(本部の方針に従えないような方)
  • 「本部が売上を上げてくれる」というような受け身の方

※調査目的と感じられるような方は相応のご対応をさせていただきますので、
その点もご注意ください。

ご契約までの流れ

    • 1応募フォームから応募
    • 2加盟説明動画の閲覧・個別相談申込み
    • 3秘密保持契約締結
    • 4個別相談(1回目)
    • 5本部審査
    • 6個別相談(2回目)
    • 7契約書雛形共有
    • 8個別相談(最終)
    • 9契約者身分証明書提出
    • 10フランチャイズ契約締結
    • 11物件契約
    • 12オープン準備着手
    • 13オープン

    ※フランチャイズ契約からオープンまで3ヶ月程度が平均

セルフ脱毛サロンハイジを
運営する
株式会社ハイジ
目指すもの

私たちはこんな未来を目指して頑張っています。
フランチャイズオーナーさんとも同じ景色を目指して頑張っていきたいです!

私たちのミッション

私たちハイジは、「誰でも気軽に」
脱毛できる機会を提供します

私たちのビジョン

脱毛業界改革

徹底的な顧客目線で脱毛業界を健全化します

私たちのバリュー

- 業界最安値を追求し高額ローンを組ませません

- 誇大広告はせず明朗会計にこだわります

- 押し売りは決してしません

- 常に予約が取りやすい環境を維持します

今後の出店計画

2022年8月時点
合計45店舗 オープン中
2022年12月まで
合計80店舗 オープン予定
2023年3月まで
合計100店舗 オープン予定
2023年12月まで
合計180店舗 オープン予定

セルフ脱毛サロンフランチャイズ開業のリスクとデメリット

大変重要なことなのでしっかりとご理解いただきたいです。 美味しい話や良いことしか言わないフランチャイズ本部が9割以上です。
しかし、後々トラブルになるのはお互いにとって避けたいことのはずなので、私は最初からリスクやデメリットを全てご理解いただいた上で加盟になられた方が間違いなく良い関係になると信じています。 はっきり言いますが

「100%成功する」という保証はありませんしできません。

どんなビジネスでも共通する当たり前のことで、ハイジでも当然同じです。これはとても重要なポイントです。特に、ハイジのようなまだ店舗数の少ない本部ではより理解をしてもらいたいポイントです。もし単純に「失敗しにくい」という視点だけで選ぶのであれば、数百店舗経営しているフランチャイズの方がお勧めです。既に数百店舗の実績があるので、安心感はハイジの比ではないでしょう。

トゲのある言い方かもしれませんが「本部が成功させてくれる」「本部が黒字にする責任を持ってくれる/保証してくれる」という考えをお持ちの方とは、一緒にお仕事はできません。
恐縮ですが、そういった方は加盟をお断りさせていただいております。
「フランチャイズなら絶対成功する」とフランチャイズ信仰に陥ってしまっていませんか? 弊社自身の首を絞めることになりますが、事実なので間違いありません。

ハイジでは既に収益化のノウハウや集客力があるので、普通にセルフ脱毛を開業するよりも圧倒的に有利ということは自負しております。 しかしながら、成功する保証はできません。
ビジネスは人生であり、人生は全てが自己責任なのです。成功するも失敗するも、全ては自分の責任なのです。

【ハイジの「完全無人のセルフ脱毛サロン」というビジネスモデルの可能性にどこまでかけてもらえるか】これが結論になります。
この前提を理解された上で「可能性にかけてみたい」という方と是非一緒にお店づくりをさせていただきたいです。

言わずもがなですが、当然最短で黒字になるように最大限のサポートはさせていただきます。

よくある質問

開業費用はいくらかかりますか?
最低300万円程度から開業可能です。 ※脱毛器をローン購入した場合の為、脱毛器を一括購入の場合は500万円弱程度が必要となります。

尚、ローンは利率が10%程度と高い為推奨はしておりません。
契約後のサポートはありますか?契約したら何もしてくれないんじゃないですか?
正直なところ、大手のフランチャイズ様と比較すると資料の充実度合いやサポート体制は弱いかもしれません。
しかしながら、オープンや運営がスムーズに行えるようなサポートはしっかりとさせていただいておりますので、その点はご安心くださいませ。

ご契約後には全ての加盟店様に専属のサポート担当が付き、スムーズに開業、運営をいただけるようサポートさせていただいております。オープン前の段階では詳細のスケジュールやTODOリストの作成共有、進捗管理、研修やご不明点の解消等徹底しております。
もちろんオープン後も運営に関するご相談には常に乗らせていただいております。

また、他店様での成功事例・失敗事例・PR素材提供なども随時行っており、売上が上がるようなサポートにも尽力しております。
契約は法人でないとダメですか?会社員やサラリーマンの副業でも開業できますか?
ご契約名義は法人でも個人でも問いません。現在3割が個人名義での加盟契約となっております。

オーナー様ではフルタイムの会社員の方も複数名いらっしゃり、問題なくハイジのお店を経営されております。
ただし、お仕事中にお電話に出ることができるなど、ある程度柔軟にご対応できるような状況でないと難しいかもしれません。
黒字化や初期投資の回収はどの程度でできますか?
通常の目標はオープンから6ヶ月での黒字化です(初期投資の回収は除き毎月の収支の場合のみ)。現時点ではオープン6ヶ月で70%の店舗が黒字化している状態です。

また、初期投資の回収は最短で1年程度、現実的には2年程度はみていただく必要がございます。もちろん上記のような期間や売上は保証できるようなものではございませんので、一つの目標や参考までにお考えください。
エリアの独占権のようなものや明確な商圏設定はありますか?
現状では契約書上で「半径0.5km」という設定が明記されております。
しかしながら実際のところは、これ以上の商圏範囲を設けております。状況やエリアにより異なる為、共通する明確な距離はございません。
例えばですが、人口10万人レベルの都市、もしくは乗降者数が2万人/日以下の駅など、そういった商圏が小さなエリアの場合には、半径0.5km以上離れている場合でもその時の本部の判断によりお断りをさせていただいております。

※上記の人口や駅の乗降者数はあくまでも一例です。また契約書上の商圏距離も今後変更の可能性がございますので、正確な情報はお電話でのご相談やご契約前に必ずご確認ください。
オープンを検討する際、最低限の都市の人口や駅の乗降者数の目安はありますか?
特に基準のようなものはございませんが、これまでの事例をお伝えさせていただきます。
最も都市人口が少ないエリアでは5万人で、基本的には15万人以上の都市での展開が大半ではあります。
また、駅の乗降者数となりますと、最低で2万人程度です。
加盟すれば誰でも成功ができますか?
はっきりと申し上げますが、決して誰でも成功できるものではありません。

フランチャイズを勘違いされている方も多くいらっしゃいますが、フランチャイズはご自身で起業や新規事業をされることとリスクなどはほとんど変わりません。もちろんフランチャイズは既に同じ業態でのモデルがあるので、開業のしやすやさ運営のスムーズさなどは一般的にメリットとしてありますが、それは「加盟すれば誰でも成功ができる」ということに決して直結しません。

フランチャイズだからうまくいくだろうという発想は大変危険で、フランチャイズでモデルが既にあり、本部のサポートがある場合でも、自助努力は必須です。
「フランチャイズだから成功するだろう」と考えられるような方は、前提として受け身の意識が強く、成功させる為の自助努力ができなかったり足りずに失敗されてしまう場合が多いので、ビジネスに向いていないと判断させていただいております。

その為、そういった方はハイジではご加盟をお断りさせていただいておりますので、予めご理解くださいませ。

フランチャイズ加盟
オンライン説明会
応募フォーム

補助金やご融資が前提の場合、ご加盟いただけない状況ですのでご了承ください。
(自己資金でご検討中の方のみご相談受付中です)

    氏名※必須

    法人名※法人の場合必須

    電話番号※必須

    メールアドレス※必須

    メッセージ※必須

    ※必須

    ※必須

    ※必須