VIOってセルフ脱毛できるの?やり方やコツを解説

「誰にも見られたくないから、VIOをセルフ脱毛したい」
「どうすればVIOをセルフ脱毛できるの?」

デリケートな部分は、サロンやクリニックのスタッフにもできれば見られたくないですよね。とはいえ、自己処理すると毛がチクチクしたり色素沈着が起きたりしてしまいます。

そこでおすすめなのが、セルフ脱毛です。セルフ脱毛を行えば、誰にも見られず理想のVIOを手に入れられます。今回はVIOをセルフ脱毛する方法やコツ、注意点などを見ていきましょう。

VIOもセルフ脱毛できる!方法は主に2つ

セルフ脱毛VIO

カミソリや毛抜きを使ったお手入れは、一時的に毛量を減らせるものの、時間が経てばまた生えてきてしまいます。

一時的なものではなく、半永久的に毛量を減らすためには脱毛が効果的です。サロンやクリニックに通うことなく、セルフ脱毛を行う方法には次の2つがあります。

家庭用脱毛器を使う

家庭用脱毛器とは、自宅にいながらサロンに通うのと同じような脱毛ができるアイテムのことです。初心者でも自宅で扱えるように、出力はサロンと比べて低めになっています。

医療機器ではないため永久脱毛をすることはできませんが、毛量を減らしたり生えてくるスピードを遅らせたりする効果が期待できるでしょう。

ただし、家庭用脱毛器の種類によってはVIOへの使用ができないものもあります。使用できる部位をしっかり確認してから購入するようにしましょう。

セルフ脱毛サロンに通う

セルフ脱毛専用のサロンに通うのも一つの方法です。セルフ脱毛サロンとは、一般的なサロンで扱われている機械と同じものを自分で操作して脱毛していくもの。誰にも見られず脱毛できること、サロンなみの効果が期待できることが特徴です。

脱毛できる部位に縛りはないため、VIOはもちろん脇や腕、脚など好きな部位を脱毛できます。

VIOをセルフ処理する方法

VIOをセルフ処理する方法

脱毛ではなくセルフで自己処理する方法には、次のものがあります。時間が経てばまたムダ毛が生えてきてしまいますが、お手入れが簡単なことがメリットです。

カミソリ

カミソリは安価で手に入るため、普段のお手入れに使っている方も多いのではないでしょうか。

時間をかけずにさっとムダ毛の処理ができます。ただし、カミソリの刃がお肌に直接触れてしまうため、肌荒れや色素沈着を起こしやすくなる点がデメリットです。

毛抜き

根元からムダ毛を引き抜けるため、チクチクしません。1本ずつ抜いていくのは手間がかかりますが、見た目はきれいに仕上がるでしょう。

とはいえ、埋もれ毛や毛のう炎の原因となりやすいので、あまりおすすめはできません。

除毛クリーム

ムダ毛の根元からしっかり毛を取り除ける方法です。気になるところにクリームを塗り、しばらく時間をおいてから洗い流すだけで簡単に処理ができます。

商品によってはVIOに使用できないものもあるので注意しましょう。

電気シェーバー

自己処理のなかではお肌に負担をかけにくいアイテムです。刃が直接お肌に当たらないようになっているので、傷つける心配がありません。

根元からムダ毛を取り除くのは難しいですが、毛量の調整にはとても便利でしょう。

ヒートカッター

熱を利用してムダ毛をカットするアイテムです。切り口が尖らず丸くなるので、毛先がチクチクしません。

ブラジリアンワックス

ブラジリアンワックスとは、ワックスでムダ毛を絡め取り、根元からムダ毛を引き抜くものです。どうしても痛みが伴ってしまいますが、ツルツルの仕上がりになります。

「ハイジ」でVIOをセルフ脱毛するメリット

ハイジでのVIOメリット

カミソリや電気シェーバーなどでの自己処理は、簡単に毛量を減らせるもののすぐに毛が生えてきてしまいます。しかし家庭用脱毛器は、安くても5万円前後、高いものだと10万円を超えるものもあるのでなかなか手が出せません。

「気軽にセルフ脱毛できたらなぁ」とお悩みの方にぴったりなのがセルフ脱毛サロンのハイジです。個室になっているので体を見られる心配もありません。VIOをはじめ、あらゆる部位の脱毛ができます。

完全無人だから誰にも見られない

ハイジは、完全に無人の脱毛サロンです。受付にも人がいないので、入店から退店まで誰にも会うことはありません。裸を見られたくない方はもちろん、脱毛に通っていることを知られたくない方にもぴったりです。

自分の好きな形に整えられる

VIOの脱毛をするときに気になることといえば、Vラインの形ではないでしょうか。ツルツルの状態であるハイジニーナやハート型、細長くすることでショーツからはみ出す心配がなくなるオーバルなどさまざまな形があります。

気になる形があっても、サロンやクリニックだと恥ずかしくて希望の形を伝えられないこともありますよね。セルフ脱毛なら自分で照射していくので、周りの目を気にせずすきな形に整えられます。

お手入れするときは、アンダースタイルガイドといって、Vライン用の型紙を使って照射していくと失敗せず整えることができますよ。

リーズナブルな料金で脱毛できる

店舗によって料金がやや異なりますが、月5,000円以下で通い放題になるプランをご用意しております。お試しの場合は60分1,000円からです。

リーズナブルな料金設定なので、お財布の負担が気になる方でも通いやすいでしょう。

VIOをセルフ脱毛する手順

セルフ脱毛手順

では、どのようにしてVIOをセルフ脱毛していくのでしょうか。「腕や脚はわかるけど、VIOは1人だとやりづらいのでは?」と思われている方もいるかと思います。

ハイジではVIOもセルフでできるようしっかり準備していますので、ご安心ください。

事前にシェービングをしておく

皮ふトラブルを避けたり、脱毛効果をしっかり出したりするためにも脱毛の2~3日前にはシェービングをしておきましょう。

カミソリでも構いませんが、VIOは見づらい部分もあるので安全のためにも電気シェーバーの使用がおすすめです。

専用のジェルを塗る

脱毛する部位に、しっかりとジェルを塗ってください。ジェルを塗ることで照射による熱ダメージを少なくしお肌への刺激をやわらげます。ハイジで採用しているHHR方式の脱毛は、従来の脱毛器より痛みが軽減されているものです。

しかしVIOは、毛がほかの部位と比べて濃く量も多いことから痛みが出ることがあります。心配な方は少し厚めにジェルを塗ってみてください。

椅子に座って鏡を見ながら照射する

VIOをスムーズにセルフ脱毛できるように、ハイジでは専用の椅子と鏡をご用意しています。

椅子に座り鏡の角度を調整することで、1人でも問題なくVIOのセルフ脱毛が可能です。座ったまま照射できるので、体勢がきつくなることもありません。

VIOをセルフ脱毛するときの注意点

VIO脱毛注意点

ハイジの脱毛器は、初心者の方でも安全に扱えるものを採用しています。セルフ脱毛ができるように安全性を高め、操作を簡単にした脱毛器です。

しかし、VIOは腕や脚とは違いとてもデリケートな部分。思わぬトラブルを避けるためにも、次の注意点を押さえておきましょう。

弱めの出力から始める

照射するときは、必ず弱めの出力から始めてください。痛みが出にくいHHR方式の脱毛ではありますが、人によっては痛みを感じるおそれがあります。様子を見ながら適切な出力に調整していきましょう。

Vラインは外側から内側に向かって照射していく

Vラインは中心ほど毛量が多く密度が濃いので、痛みが出やすくなっています。照射するときは外側から始め、少しずつ中心に向かって進めていきましょう。痛みを感じるようでしたら、出力を調整しながら照射してください。

Iラインを照射するときは粘膜をショーツで保護する

Iラインを照射するとき、どうしても粘膜に光が当たってしまいます。粘膜にダメージを与えないようにするためにも、ショーツを履いた状態で照射するのがおすすめです。

専用の紙ショーツを準備するか、通常のショーツをTバックのように履いて粘膜を保護しながら照射しましょう。

まとめ

VIOをセルフ脱毛する場合、選択肢となるのは家庭用脱毛器とセルフ脱毛サロンの2つです。家庭用脱毛器はサロンより出力が抑えられていますが、自宅で好きなときにお手入れできるのがメリットです。しっかりと効果を実感したい方は、サロンと同等の効果が期待できるセルフ脱毛サロンハイジをぜひご利用ください。

VIOもセルフ脱毛しやすいように、専用の椅子と鏡を用意しているのでお一人でも無理なく脱毛できます。ハイジは入店から退店まで完全に無人です。「VIOを脱毛したいけど見られたくない」という方も気軽にご利用いただけます。