セルフ脱毛前の注意点とは?事前の自己処理や脱毛の失敗例について解説

2020.02.042023.07.31

セルフ脱毛をする際に疑問に思うのが、事前の自己処理が必要かどうかなのではないでしょうか。一般的な脱毛サロンなどでも、脱毛前にはムダ毛の自己処理をお願いされます。

セルフ脱毛サロンも同様で、必ず脱毛前に自己処理してからご来店してもらうことがルールです。毛が長いまま脱毛をしてしまうと、火傷などの肌トラブルが起きやすくなってしまいます。

そこで、今回はセルフ脱毛をする前に重要な毛の自己処理について、処理方法や注意点を詳しく見ていきましょう。脱毛の失敗例も紹介しているので参考にしてみてください。

セルフ脱毛のお試し体験はこちらから

 

セルフ脱毛では脱毛前に自己処理をすることが特に大切

セルフ脱毛では、脱毛前の自己処理は特に重要です。

毛が長いままだと、火傷などの肌トラブルが起きやすく、快適な脱毛を行えない可能性が高くなってしまいます。

 

セルフ脱毛前の自己処理を怠ると火傷の可能性がある

セルフ脱毛前の自己処理を怠ると、過度に熱を感じやすく火傷などの肌トラブルになる場合もあります

ハイジで行うセルフ脱毛では、熱エネルギーを利用して脱毛していきます。

毛が長いまま光を当ててしまうと熱エネルギーが強く毛に伝わりやすく、火傷などの肌トラブルが発生しやすくなってしまうので注意しましょう

セルフ脱毛が事故につながる!?思わぬトラブルを避けるために知っておきたい3つのこと

 

手が届きにくい部位は工夫して自己処理しよう

ハイジは完全無人のセルフ脱毛サロンのため店舗スタッフが行うシェービングサービスなどはありません。

そのため、現地での処理もれなど自分では気付きづらいので、ご自宅で丁寧な自己処理を行うことが重要になってきます。脱毛前には、丁寧に自己処理をしてから来店するようにしましょう

部位によっては綺麗に処理しきれない部分もあると思いますが、持ち手が長い背中専用のシェーバーを使ったり、鏡を駆使したりして、肌を傷つけない程度に処理するように心掛けてください。

 

セルフ脱毛前の自己処理方法と注意点

自己処理の方法を間違うと、肌がダメージを受けたり思うように効果が出なかったりします。意外と間違った自己処理をしている方は多いものです。

ここでは、セルフ脱毛前に行う自己処理の方法と注意点をご紹介します。

 

自己処理方法は電動シェーバーがおすすめ

自己処理のシェービングは、電動シェーバーがおすすめです。電動シェーバーであれば、網刃と呼ばれる外側の刃があるため、肌を傷つけずに自己処理を行うことができます。

一方でT字カミソリなどは、刃が肌へ直接当たってしまうため、おすすめできません。ムダ毛と一緒に皮膚も削ってしまい、皮膚にダメージを与えやすくなります。

どうしても電動シェーバーの準備ができない方は、T字カミソリで代替してください。

 

毛を抜かない

セルフ脱毛中は、毛抜きでムダ毛を抜かないようにしましょう。毛抜きは根本からムダ毛を取り除いてしまいます。

セルフ脱毛の光はムダ毛にダメージを与えていくため、抜いてしまうと効果が出ません。脱毛が完了するまでは毛抜きを使用しないようにしてください

毛の流れに逆らって剃らない

電動シェーバーやカミソリを使うときは、毛の流れに沿って剃るようにしましょう

逆らって剃ったほうがきれいに剃りやすいと感じる方もいるかもしれませんが、ムダ毛を引っ張るような形で剃ることになるため、肌に大きな負担を与えてしまいます

自己処理をするときは、逆剃りをせず流れに沿って剃りましょう。

 

除毛クリームで自己処理をしない

セルフ脱毛中は除毛クリームの使用ができません

除毛クリームは、表面に見えているムダ毛を溶かして取り除くアイテムです。たんぱく質を溶かす成分が配合されているため、塗って洗い流すだけでムダ毛が目立たなくなります。

しかし、皮膚もたんぱく質でできていることから、ダメージを受けやすいことがデメリットです。

セルフ脱毛中に除毛クリームを使用すると、赤みやかゆみなどのトラブルが起こる可能性があります。

 

セルフ脱毛にはこんな注意点も…失敗しないように要注意

セルフ脱毛では、いかに正しい方法で自己処理ができるかがとても大切です。

しかし、セルフ脱毛が失敗する要因は自己処理だけではありません。

 

出力が強すぎて肌に負担がかかる

ついつい高い出力に設定して照射していませんか?「出力が高いほうが効果が出るから…」と、無闇に高出力で照射している方を時々見かけます。

弱い出力のときと比べるとたしかに脱毛効果は高くなりますが、肌のことを考えると決しておすすめできるものではありません

必要以上に高い出力で照射することで、火傷や赤みなどのリスクが高まります。痛みが増してしまう原因にもなるので、必ず適切な出力で照射するようにしてください

 

脱毛後に肌荒れ

脱毛後に肌が赤くなったりかゆくなったりする方がいます。これは、肌のバリア機能が低下している証拠です。

セルフ脱毛で照射する光の熱が肌にこもり、肌を乾燥させることでさまざまなトラブルを引き起こします。ひどいときは火傷を起こして、通院が必要になるケースもあるので要注意です。

脱毛後の肌荒れを防ぐためには、日頃から紫外線対策と保湿をしっかり行っておくことが大切です。また、肌が乾燥しているときや敏感になっているときは無理に脱毛しないようにしましょう。

どんなに肌に優しいセルフ脱毛でも、少なからずダメージは受けてしまいます。肌のコンディションを見ながら、慌てず脱毛を進めていくようにしてください

セルフ脱毛で火傷するって本当?原因や対処方法を解説

 

なかなか脱毛の効果が出ない

セルフ脱毛器(家庭用脱毛器)を使っている方のなかには、「何度も照射を行っているのに、思ったような効果が出ない」と悩んでいる方がいます。

これは、セルフ脱毛器の出力が抑えて作られていることが原因です。

セルフ脱毛器は自宅で初心者でも安全に使えるようにするために、一般的なサロンのマシンよりも弱い出力しか出ないように作られています。

そのため、脱毛効果を実感するためには繰り返しのお手入れが必要です。人によっては満足のいく状態までするのに2~3年かかることもあります。

すぐに効果が出るものではないので、気長にお手入れを続ける気持ちをもつことが大切です。

セルフ脱毛サロンハイジならペアでの来店もOK♪

自己処理をする際には、脱毛をしたい部分だけシェービングしてください。

手が届かない範囲の自己処理も無理にしないようにしましょう。

 

ハイジではペアでの入室ができる

ハイジでは友達や恋人、親子でペアで一緒にご利用も可能なので、手の届かないところもセルフ脱毛できてしまいます。

※2名とも同じプランの購入が必須です。

頑張ってシェービングしようとすると、肌を傷つける可能性があります。友達や恋人、家族にシェービングをお願いして、お肌を守るようにしてください。

仲良くセルフ脱毛デートはいかが?2人で脱毛するメリットやお互いのムダ毛事情について紹介

カップルでセルフ脱毛しよう!ハイジに2人で通うメリットや特徴を解説

月額5,000円からなのでペアでも通いやすい

「ペアで通うとお金がかかる」と思われるかもしれませんが、ハイジは月額5,000円から通い放題&脱毛し放題のプランを用意しています。また、ペア割も用意しているので、お得に脱毛をすることが可能です。

ペアでも通いやすい料金設定になっているので、「シェービングしづらい」「照射しづらい」などのお悩みがある方は、家族や友人、恋人などを誘ってぜひペアで脱毛をしてみてください。

セルフ脱毛前に自己処理をして痛みのない脱毛を

ハイジのセルフ脱毛は自己処理や機械の扱い方をきちんと行えば痛みのほとんどない脱毛ができます。特に、自己処理を怠ると快適な脱毛ができなくなり、サロンへ通うのが嫌になってしまうでしょう。

そのようにならないためにも、セルフ脱毛前には必ず事前の自己処理を丁寧に行ってから来店するようにしてくださいね

ハイジでは、ペア割などお得なキャンペーンを実施していますので、気になる方はぜひ一度、60分1,000円のお試し体験をしてみてください

完全無人のセルフだから
驚きのコスパ!

まずは1,000円で試してみる
ページTOPへ