失敗しらず!セルフ脱毛器の正しい選び方と使い方を解説!

電車でつり革を掴んだとき、真後ろに人が来たとき、露出が多めの服を着たときなどムダ毛が気になりますよね。

「毛深いと思われたらどうしよう」「剃り残しがあったら恥ずかしい」というムダ毛に関するお悩みを解決してくれるのがセルフ脱毛器です。

しかしセルフ脱毛器は、近年の脱毛ブームの影響もありとても多くの種類があります。本当に効果があるのかどうか気になっている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、セルフ脱毛器の選び方や効果、正しい使い方などについて詳しく解説します。

 

セルフ脱毛器って効果あるの?

セルフ脱毛器って効果あるの?

サロンやクリニックに通うのとは違い、なんとなくセルフ脱毛器だと効果があるのか不安に思ってしまいますよね。セルフ脱毛器でも正しい使い方でお手入れを続ければ、効果は実感できます。

ただし、初心者でも自宅で安全に使用できるように、セルフ脱毛器は出力が抑えて作られているのをご存知でしょうか。

そのため、満足のいく効果を実感するためには、サロンやクリニックに通うときよりも時間がかかることが一般的です。

 

セルフ脱毛器の選び方

セルフ脱毛器の選び方

セルフ脱毛器にはお値段が安いものから高いものまで、非常に多くの種類があります。予算があるとは思いますが、お値段だけで選ぶのは失敗のもとです。

どのような機能があるのか、使い勝手はどうなのかをしっかり確認して選びましょう。

 

照射方式で選ぶ

セルフ脱毛器には、フラッシュ式とレーザー式のものがあります。フラッシュ式のものは、いわゆる光脱毛ができるものです。

フラッシュ式は痛みが少なく、製品の種類も多いためセルフ脱毛器のなかでも主流の照射方式といえます。

一方でレーザー式は、痛みが出やすく種類も少ないのですが、フラッシュ式より高い脱毛効果が期待できることが特徴です。

 

連続照射できるかどうかで選ぶ

1発ずつ打つのか、それとも連続照射できるのかでお手入れにかかる時間は大きく変わります。

腕や脚のように範囲が広い部分は連続照射、指やVラインのように狭い部位は1発ずつ単発で打てるものが便利です。好みに合わせて切り替えられるものを選ぶと、効率よく脱毛できます。

 

照射範囲の広さで選ぶ

1度でどれくらいの範囲に照射できるのかどうかも重要なチェックポイントです。わずか1平方センチメートルしか照射できないものもあれば、9平方センチメートルも一度に照射できるものもあります。

どの部位を脱毛するかにもよるので一概には言えませんが、あまりに照射範囲が狭いものだとお手入れに時間がかかってしまうことがデメリットです。

 

カートリッジ交換できるかで選ぶ

セルフ脱毛器は、価格を問わず買い切りのものとカートリッジを交換すれば繰り返し使えるものとがあります。

カートリッジ交換ができないものの場合、使用可能なショット回数を使ってしまうと、本体ごと買い換えなければなりません。

長期的に見た場合、ランニングコストが高くなってしまうので注意しましょう。

 

照射できる部位で選ぶ

腕や脚、ワキなどの部位はほとんどすべてのセルフ脱毛器が対応しています。しかし、VIOや顔だと対応していないものが少なくありません。

口周りやデリケートゾーンの脱毛を考えている方は、どの部位に使用できるのかを必ず確認してから購入するようにしましょう。

 

照射レベルの調節がしやすいかで選ぶ

脱毛は、お肌の色に合わせて出力を調整しながら行うことが基本です。出力が高すぎると痛みを感じやすくなり、弱すぎると十分な効果が出ません。

毛量や毛の太さによっても痛みの出やすさが異なるため、出力を調整しながら照射していく必要があります。そのためには、出力レベルを細かく設定できるものが便利です。

 

コストで選ぶ

セルフ脱毛器の価格帯はとても広く、2~3万円で購入できるものから10万円を超えるものまであります。

安いものはダメ、高いものならいいということは決してありませんので、価格に見合う機能があるか、使い勝手に問題はなさそうかなどをしっかり吟味しましょう。

 

セルフ脱毛器の正しい使い方

セルフ脱毛器の正しい使い方

セルフ脱毛器の使い方は、決して難しいものではありません。しかし、誤った使い方をしていると効果が出にくかったり赤みや腫れなどのトラブルが起きたりする原因になります。

次に紹介する3つの項目をしっかり押さえたうえで脱毛を行っていきましょう。

 

照射前に自己処理をしておく

どのセルフ脱毛器を使う場合でも、事前の自己処理は必須です。カミソリや電気シェーバーでムダ毛を剃ってから照射するようにしてください。

光やレーザーはメラニン色素に反応する性質があるため、ムダ毛が長い状態で照射すると熱がこもってやけどする恐れがあります。

 

推奨されている照射頻度を守る

たくさん照射すればするほど効果が高まるわけではありません。セルフ脱毛器の場合は1~2週間に1度のお手入れが推奨されているものがほとんどです。

短いサイクルで照射すると、ショット回数をむだに消費してコストがかさんでしまったり、赤みや腫れなどの肌トラブルが起きたりすることがあります。

逆に長すぎるサイクルだと毛周期に合わせた脱毛ができず、効果が不十分になってしまうので注意しましょう。

 

脱毛期間中は保湿を心がける

脱毛を行っている期間中は、照射していない日でもしっかり保湿を行うようにしてください。乾燥している状態で照射すると、トラブルを起こしやすくなってしまいます。

とくに照射後はお肌に熱がこもって乾燥しやすくなっているので、念入りな保湿を心がけましょう。

 

これが気になる!セルフ脱毛器に関するQ&A

これが気になる!セルフで脱毛に関するQA

セルフ脱毛器は決して安い買い物ではありません。購入してから後悔しないように、セルフ脱毛器の特徴についてしっかり把握しておくことが大切です。

ここでは、セルフ脱毛器に関する質問のなかから、よく聞かれる5つのものを紹介します。

 

セルフ脱毛器で永久脱毛できる?

セルフ脱毛器で永久脱毛はできません。永久脱毛ができるのは医療脱毛のみです。セルフ脱毛器はあくまで毛量を減らしたり自己処理の頻度を減らしたりするものとお考えください。

ただし、お手入れを続けることでほとんど自己処理がいらないくらいにすることもできます。永久脱毛はできませんが、満足できる結果は得られるでしょう。

 

セルフ脱毛器の効果はどれくらいで実感できる?

もともとの毛量にもよりますが、1年半から2年ほどお手入れを続けることで変化を感じられると言われています。

時間はかかってしまいますが、しっかりとお手入れを続けていくことが大切です。

 

セルフ脱毛器の効果は脱毛サロンと同じ?

効果は脱毛サロンより劣ります。セルフ脱毛器は自宅でも安全に使えるようにするために、出力が抑えられているためです。

そのため効果が出るまでにも時間がかかってしまいますが、地道にお手入れを続ければ満足のいく結果を得られます。

 

セルフ脱毛器はメンズでも使用できる?

もちろん、メンズでも使用OKです。ただし、ヒゲの脱毛をしたい方は、ヒゲにも使えるのかをあらかじめ確認してから購入するようにしてください。

製品によっては使えないものがあります。

 

セルフ脱毛器は子どもでも使用できる?

子どもはお肌が未熟でトラブルを起こしやすいため、ほとんどの製品は子どもが使うことを想定していません。

ただし、製品によっては10歳から使えるものがあります。年齢制限があるものは必ず守り、とくに記載がないものはメーカーに問い合わせてから使用すると安心です。

 

家庭用脱毛器では不安という方には「セルフ脱毛サロン」がおすすめ!

家庭用脱毛器では不安という方にはセルフの脱毛サロンがおすすめ!

「安く脱毛したいけど、効果は妥協したくない」「顔やVIOも脱毛したい」という方におすすめなのが、セルフ脱毛サロンです。

ハイジでは、誰にも会わずにサロンと同等のクオリティで好きな部位の脱毛を行えます。自分で照射していくので、誰かに体を見られる心配もありません。

 

セルフ脱毛サロンハイジならサロンと同等の効果!

セルフ脱毛器は安全のために出力が弱くなっていますが、ハイジの脱毛器はサロンに引けを取りません。

発毛を促す司令塔であるバルジ領域にダメージを与える最新のマシンを用意しているので、脱毛サロンと通うのと変わらない効果が期待できます。

 

完全無人だから誰にも会わない!

ハイジの店内には、一人もスタッフはいません。入店から退店まで完全無人です。そのため、体を見られたくない方にぴったりです。

顔やVIOなど、ムダ毛が気になる部位はどこでも自由に脱毛できます。一人でもVIOの脱毛をしやすいように鏡や専用の椅子を用意しているので心配はいりません。

 

月額5,000円から利用できる!

店舗によって値段は少し異なりますが、もっとも安いところでは月額5,000円でどこでも好きな部位を好きなだけ脱毛できます。

学生さんにも嬉しい月額制なので、お財布の負担を気にせず脱毛が可能です。

 

まとめ

まとめ

セルフ脱毛器は、脱毛サロンやクリニックよりも低価格で脱毛ができる便利なアイテムです。自分が好きなタイミングで脱毛できるので、忙しい方にもぴったりでしょう。

照射方式や照射範囲の面積などをしっかり確認して、自分に合うセルフ脱毛器を選ぶことが大切です。

しっかりと脱毛したい方、顔やVIOのムダ毛も気になっている方は、セルフ脱毛サロンも検討してみてはいかがでしょうか。

スタッフがいないので自分で照射する手間はありますが、リーズナブルでありながら脱毛サロンと同等の効果が期待できます。

 

メンズに大人気!ヒゲやすね毛にも強い、セルフ脱毛器の選び方や正しい使い方を解説!

「ムダ毛は気になるけど、サロンやクリニックに通うのはちょっと…」というメンズにおすすめなのが、自宅で使えるセルフ脱毛器です。

セルフ脱毛器を使えば、自宅にいながらいつでも好きなときに脱毛できます。しかし、セルフ脱毛器の種類があまりに多く、どのように選んだらいいのか分からない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、メンズ向けのセルフ脱毛器の選び方から使い方、注意点まで詳しく解説します。

メンズ向けセルフ脱毛器の選び方

メンズ向け脱毛器

セルフ脱毛器には、2万円台で購入できるものから10万円を超えるものまで、いろいろな商品があります。

できるだけ安く脱毛をしたいという気持ちは分かりますが、値段だけで選ぶと後悔してしまうので注意しましょう。

まずは、セルフ脱毛器を選ぶうえで最低限チェックしておきたい4つのポイントを紹介します。

フラッシュ式かレーザー式かで選ぶ

フラッシュ式かレーザー式かでセルフ脱毛器の効果は大きく変わるものです。効果の高さを重視するなら、レーザー式を選ぶようにしましょう。

医療用のレーザーと同じ仕組みを採用しているため、フラッシュ式よりも高い効果が期待できます。ただしレーザー式は、フラッシュ式よりも痛みが強く出やすいので注意してください。

ヒゲやVIOに使えるかどうかで選ぶ

セルフ脱毛器は、ムダ毛の本数が多く1本1本が濃いほど、痛みが強くなったりやけどを起こしたりするリスクが高まります。そのため、ヒゲやVIOには使えないセルフ脱毛器も少なくありません。

脱毛したい部位に使えるのかをあらかじめチェックしたうえで購入しましょう。

一度に照射できる面積で選ぶ

照射口が大きいほど一度に照射できる面積が広くなり、小さいほど逆に照射できる面積が狭くなります。できるだけ短い時間で照射を終わらせたい方は、照射口が大きいものを選ぶとよいでしょう。

大きいものは約9平方センチメートル、小さいものは1平方センチメートルです。単純に照射にかかる時間が10倍違ってくるので、よく確認することが大切です。

出力の調整機能で選ぶ

出力レベルを自分で調節するものと、お肌の色に合わせて自動で調節してくれるものとがあります。お肌の負担を抑えながら効果的に脱毛したい方は、自動調節機能がついているものが安心です。

またセルフ脱毛器は、種類によってどれくらい細かく出力を調整できるかも違ってきます。

10段階で調整できるものもあれば、5段階ほどのものもあるので調整機能についてもしっかり確認しておきましょう。

メンズ向けセルフ脱毛器の効果的な使い方

メンズ向け効果的な使い方

セルフ脱毛器は、正しい使い方をすることではじめて十分な効果が発揮されます。

逆に誤った使い方をすると、効果が出ないだけでなく肌トラブルを起こすこともあるので注意しましょう。

事前にムダ毛を自己処理しておく

照射する部位は、前日までに必ず自己処理をしておいてください。ムダ毛が伸びたままの状態で照射すると、熱がこもってやけどしやすくなります。

なお、毛根ごと引き抜いてしまうと効果が出なくなるため、毛抜きや除毛クリームの使用は避け、カミソリや電気シェーバーを使って処理するようにしてください。

肌荒れしている部位、シミやホクロがある部位には使わない

肌荒れしている部位に照射すると、赤みや腫れが生じることがあります。また、シミやホクロは皮膚の色が濃いため、熱を吸収しやすく痛みが出やすいことが特徴です。

肌トラブルの原因にもなるため、保護シールを貼るか照射を避けるようにしてください。

まずは低出力から始める

できるだけ脱毛効果を高くしようと、出力を高めて照射したくなるかもしれません。しかし、お肌の状態に合わない出力レベルに設定すると、痛みや赤み、やけどなどを伴う恐れがあります。

まずは低出力から始め、お肌の状態を見ながら少しずつ出力を調整するようにしてください。

脱毛後は運動やサウナなど体温が上がる行為を避ける

脱毛後に運動したりサウナに行ったりすると、体に熱がこもって肌トラブルを起こしやすくなったり、お肌が乾燥して赤みやかゆみが出たりする原因になります。

脱毛した当日は、体温が上がるような行為は避けるようにしましょう。

脱毛後は保湿と冷却をしっかり行う

脱毛後は、お肌に熱がこもっている状態です。そのままにしておくと、熱によりお肌が乾燥してトラブルの原因となります。

保冷剤をタオルに包んで照射部位を冷やしたり、化粧水やクリームなどで保湿したりなどのアフターケアもしっかり行うことが大切です。

メンズ向けセルフ脱毛器を使うときの注意点

メンズがセルフで使うときの注意点

メンズにも人気のセルフ脱毛器は、気軽に脱毛できるというメリットがある一方で、いくつか注意すべき点もあります。

永久脱毛はできない

まず、セルフ脱毛器で永久脱毛を行うことはできません。永久脱毛ができるのは、クリニックで受けられる医療脱毛のみです。

セルフ脱毛器は、あくまでもムダ毛が生えてくるスピードを遅らせたり、本数を減らしたりするもの。ムダ毛処理の頻度は大幅に減らすことができますが、永久脱毛ではないので注意しましょう。

継続的に脱毛をすることで効果が出てくる

1回照射したからといって、すぐに脱毛効果があらわれるものではありません。継続的に何度も照射することで、少しずつムダ毛が生えにくくなっていきます。

即効性は期待できないため、気長なお手入れが必要です。1年半から2年ほどお手入れを継続する必要があると見ておきましょう。

痛みを伴うことがある

セルフ脱毛器は、安全のためにサロンやクリニックよりも出力が抑えられていますが、それでも部位によっては痛みが生じることがあります。

ムダ毛が太く濃いヒゲやワキ、VIOは痛みが出やすい部位です。とくにレーザー式のセルフ脱毛器では痛みが出やすくなります。

痛みが心配な方は、出力を抑えて照射したりフラッシュ式を選んだりして対策をしましょう。

セルフ脱毛器の効果を高める方法

セルフ脱毛器の効果を高める方法

とにかく高い効果が出るセルフ脱毛器が欲しいという方は、次の2つのポイントを参考に選んでみてください。

レーザー式の脱毛器を選ぶ

効果が高いのはレーザー式のほうです。痛みが出やすいことがデメリットではありますが、フラッシュ式よりも毛根にしっかりとダメージを与えてくれます。

本気の脱毛を考えている方は、レーザー式を選ぶとよいでしょう。

ストロングタイプのカートリッジを選ぶ

セルフ脱毛器のなかには、自由にカートリッジを選んで脱毛できるものがあります。

ノーマルタイプとは別にストロングタイプのカートリッジが用意されていることもあるので、効果を重視する方はこちらを選んでみましょう。

より確かな効果を求めるならセルフ脱毛サロンがおすすめ!

より確かな効果を求めるなら

セルフ脱毛器は、自宅で好きなタイミングで脱毛できるため、とても便利なアイテムです。しかし、自宅で行えるようにどのセルフ脱毛器もサロンやクリニックと比べると出力が抑えられた設計になっています。

そのため、人によってはセルフ脱毛器だと満足できないこともあるようです。「確実に効果を出したい」という方は、セルフ脱毛器よりもセルフ脱毛サロンのほうが向いている場合があります。

脱毛サロンと同等の高い脱毛効果が期待できる

セルフ脱毛サロンのハイジでは、脱毛サロンと同等の効果が期待できる最新の機械を導入しています。

セルフ脱毛器のように低出力の設定にはなっていないため、サロンに通うのと同等の効果が期待できることが特徴です。

さらに、ハイジはセルフ脱毛サロンなので受付から退店まで誰にも会うことができません。セルフ脱毛サロンなら、自分でお手入れしながら、脱毛効果もしっかり実感できます。

ヒゲやVIOなど気になる部位はどこでも脱毛できる

セルフ脱毛サロンのハイジで採用している脱毛器は、通常のサロンで扱っているものと同じように全身どの部位でも脱毛が可能です。
(鼻より上のセルフ脱毛は禁止となっております。)

ヒゲやVIOなど気になる部位はすべて脱毛できます。ムダ毛に悩めるメンズの救世主となること、間違いなしでしょう。

月額定額制なのでお財布に優しい

料金は月額5,000円からとなっています。もちろん、通い放題なので気になる部位は好きなだけ脱毛OKです。

サロンと同等の効果が期待できるのにこのコスパで提供できるのは、完全無人にすることで人件費を可能な限り抑えているから。お財布に優しい価格で効果の高い脱毛ができるのは、セルフ脱毛サロンハイジの大きな強みです。

まとめ

まとめ

セルフ脱毛器は、自宅にいながらムダ毛のお手入れができるため、メンズからも人気を集めています。

フラッシュ式なのかレーザー式なのか、照射口の大きさはどれくらいかなどをしっかり確認して、自分にぴったりのセルフ脱毛器を選びましょう。

セルフ脱毛器は、自宅でも安全に取り扱えるようにサロンやクリニックよりも出力を抑えて作られています。「セルフ脱毛したいけど、効果も譲れない」という方は、セルフ脱毛サロンのハイジを活用してみてください。

サロンと同等の効果が期待できる脱毛器を使って自分で照射できるため、プライバシーも守りながら効果もしっかり追求できます。

セルフ脱毛クリームの効果や選び方は?メリットやデメリットも解説!

セルフ脱毛をする方法として人気の脱毛クリーム。一昔前と比べると市販で購入できる脱毛クリームの種類が増え、誰でも気軽にセルフ脱毛できるようになったのは嬉しいですね。

その一方で、「脱毛クリームは脱毛サロンと何が違うの?」「脱毛クリームはきちんと効果があるの?」と疑問に思う方もよく見かけるようになりました。

そこで今回は、脱毛クリームの特徴やメリット・デメリット、セルフ脱毛をしたい方におすすめの脱毛方法などを紹介します。

セルフ脱毛におすすめの「脱毛クリーム」とは?

セルフ脱毛におすすめの「脱毛クリーム」とは?

除毛クリームとも呼ばれることのある脱毛クリームは、セルフ脱毛のなかでも安価で行えることが特徴です。

簡単にムダ毛のお手入れをしたい方から人気を集めています。

脱毛クリームの仕組み

脱毛クリームは、ムダ毛が気になるところに塗ってから規定の時間おいて洗い流すだけでツルツルなお肌を手に入れられるアイテムです。

塗るだけでムダ毛がなくなるのは、脱毛クリームに含まれているチオグリコール酸カルシウムなどの成分の働きによります。

チオグリコール酸カルシウムにはたんぱく質を溶かす働きがあるので、たんぱく質で構成されているムダ毛も溶かすことができるのです。

脱毛クリームの使い方

お手入れしたい部位に脱毛クリームを塗り、パッケージに書かれている時間を目安に放置します。その後、しっかり洗い流してください。

塗るときはムダ毛を覆うように厚めに塗布することがポイントです。お肌が弱い方は目立たない部位でパッチテストをしてから使用しましょう。

脱毛クリームの効果

脱毛クリームを使ってお手入れした後は、3日から1週間ほどツルツルの状態が持続します。どれくらい効果が持続するかについては個人差が大きいでしょう。

脱毛クリームは一時的にムダ毛をなくすだけなので、時間が経てばまた元どおり生えてきます。

脱毛サロンや医療脱毛のようにムダ毛を生えにくくしたり量を少なくしたりする効果はありませんので注意しましょう。

脱毛クリームでムダ毛が濃くなるのは本当?

自己処理を続けていると、ムダ毛が濃くなると言われることがあります。脱毛クリームも例外ではありません。

しかし、自己処理をした後にムダ毛が濃くなるという噂に信憑性はないので安心してください。

濃くなったと感じるのは、脱毛クリームでツルツルになった状態に見慣れたことで、新しく生えてきたムダ毛が濃くなったように見えるためだと考えられます。

脱毛クリームの選び方

脱毛クリームの選び方

どれも同じように見える脱毛クリームですが、使用感や効果はそれぞれ違うものです。

何も気にせずに購入すると、思ったような効果が出なかったりお肌が荒れてしまったりすることがあります。

自分の肌質に合わせて選ぶ

お肌が刺激を感じやすい敏感肌の方は、「低刺激」や「敏感肌」と記載されている脱毛クリームを選ぶとよいでしょう。

まったく刺激がないというわけではありませんが、お肌が弱い方でも使いやすいように工夫がされています。

ただし、製品によっては低刺激や敏感肌と記載のあるものだと、効果が弱いと感じることもあるようです。

脱毛したい部位に合わせて選ぶ

脱毛クリームは、製品によって使える部位が異なります。脚や腕、ワキのみにしか使用できないものもあるので注意しましょう。

また、ほとんどの脱毛クリームは顔やVIOには使用できません。顔やVIOは皮膚が薄くデリケートなため、自己判断で使用すると腫れや痛みなどのトラブルが起きることがあります。

香りで選ぶ

脱毛クリームには独特のにおいがあるものがほとんどです。何度も繰り返し使うアイテムだからこそ、香りにもこだわりましょう。

においが抑えられているものや、香りが付けられているものなどがあるので、使っていて苦にならないものを探してみてください。

セルフ脱毛で使う「脱毛クリーム」のメリット

セルフ脱毛で使う「脱毛クリーム」のメリット

脱毛クリームのメリットには、大きくわけて次の3つがあります。

メリット① 毛先がチクチクしない

脱毛クリームでお手入れした後は、毛先がチクチクすることがありません。カミソリや電気シェーバーと違い、毛先をカットするのではなく根元から溶かすためです。

自分でお肌を触ったときにチクチクするのが嫌な方、周りの人とお肌が触れたときにチクチクしていると思われるのが嫌な方でも安心してセルフ脱毛できます。

メリット② 広範囲を一気に脱毛できる

脱毛クリームを塗って洗い流すだけなので、広範囲のセルフ脱毛にもぴったりです。

腕や脚などカミソリや電気シェーバーだと時間がかかる部位でも、短時間でツルツルな状態に仕上げられます。

メリット③ ツルツルの状態が長続きする

脱毛クリームを使ってセルフ脱毛をした後は、長い方で1週間ほどツルツルの状態が続くことが特徴です。

脱毛後に生えてくる毛もチクチクしていないので、時間が経ってもムダ毛が目立ちにくい状態を保てます。

永続的な効果ではないとはいえ、毎日のように自己処理をする必要がないのは嬉しいものです。

セルフ脱毛で使う「脱毛クリーム」のデメリット

セルフ脱毛で使う「脱毛クリーム」のデメリット

脱毛クリームは誰でも簡単に使えるものですが、次のようにデメリットもいくつかあります。

デメリット① サロンやクリニックの脱毛と同じ効果は期待できない

脱毛クリームは短い時間でササッと自己処理ができるものの、時間が経つと必ず元通りムダ毛が生えてくるので注意しましょう。

サロンやクリニックのように、お手入れをくり返せばムダ毛が次第に目立たなくなっていくというものではありません。あくまでも、一時的にムダ毛を取り除いているだけです。

デメリット② お肌に合わないことがある

どのセルフ脱毛にも言えることですが、人によっては脱毛クリームがお肌に合わない方もいます。

塗ったところがヒリついたり赤みを帯びたりする場合は、すぐに洗い流して必要に応じて皮膚科を受診してください。

デメリット③ 顔やVIOには使えないものがほとんど

市販されている脱毛クリームの多くは、顔やVIOには使用できません。使えるとしてもビキニラインまでです。

ビキニラインとは、Vラインよりも下にある脚の付け根あたりのこと。製品によってはビキニラインも不可となっているものもあるので、その部位に使えるのか注意書きをよく読んでから使用しましょう。

ムダ毛を根本的に減らしたいならセルフ脱毛サロンの「ハイジ」!

脱毛クリームは一時的にムダ毛をツルツルにするのにはとても便利なアイテムです。しかし効果に永続性はありません。

セルフ脱毛でもっと効果的な方法はないの?」とお悩みの方におすすめなのが、セルフ脱毛サロンのハイジです。

ハイジでは、脱毛サロンと同じ効果が期待できる光脱毛を自分で行えます。

自己処理の頻度を大幅に減らせる

ハイジで使える脱毛器は、一般の方でも問題なく扱える最新の機械です。バルジ領域といって、発毛を促す司令塔となる部分にダメージを与えることで、減毛や抑毛の効果を発揮します。

脱毛クリームは何度使ってもムダ毛の本数そのものを減らすことはできませんが、セルフ脱毛サロンハイジでお手入れを続ければ、次第に毛が細くなり本数も減らすことが可能です。

そのため、自己処理の頻度を大幅に減らせます。

顔やVIOの脱毛もできる

ハイジでは、全身脱毛可能です。顔から足先までお好きな部位を脱毛していただけます。
(鼻より上のセルフ脱毛は禁止となっております。)

「脱毛クリームで顔とVIOもお手入れできたらなあ」と思っていた方は、この機会にセルフ脱毛サロンの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

ハイジの料金体系は脱毛する部位の数によらず一律なので、部位を増やしても料金が高くなる心配がいりません。

お肌へのダメージが少ない

ハイジで採用しているHHR脱毛は、従来の脱毛器と比べると痛みが軽減されています。照射口がマイナス9度まで冷えているので、脱毛部位を冷却しながら照射できるためです。

お肌に熱がこもりにくいため、乾燥や赤みなどの肌トラブルも起きにくくなっています。

まとめ

まとめ

脱毛クリームは、塗って洗い流すだけでツルツル肌を手に入れられるため、手軽にムダ毛のお手入れをしたい方に人気です。効果は最長で1週間ほど続きます。

ただし、効果は一時的なものにすぎません。サロンやクリニックで受ける脱毛のように、お手入れをくり返せば毛量が減っていくというものではないので注意しましょう。

脱毛クリーム以外のセルフ脱毛でムダ毛の本数そのものを減らしていきたい方には、セルフ脱毛サロンのハイジがおすすめです。

脱毛サロンと同等の効果がある脱毛器を使ってお手入れしていくため、少しずつ自己処理の頻度を減らしていけます。

自己処理から解放されたいと少しでも思っている方は、まずはハイジのお試し体験から始めてみてはいかがでしょうか。

セルフ脱毛器を使った脱毛の正しいやり方!注意点やおすすめの脱毛も解説

数十年前までは高いお金を出さないとできなかった脱毛。現在は価格がリーズナブルになったこと、セルフ脱毛器の種類が増えたことから、誰でも気軽に脱毛できるようになりました。

セルフ脱毛器の種類はどんどん増えていき、今は何十種類もの機種が販売されています。身近になったセルフ脱毛器ですが、しっかりと効果を発揮するには正しいやり方で脱毛することが大切です。

今回は、セルフ脱毛のやり方や注意点、より効果の高い脱毛をする方法などを詳しく紹介します。

セルフ脱毛器を使う前に行う3つのこと

セルフ脱毛器を使う前に行う3つのこと

セルフ脱毛器は、自宅でも簡単に脱毛ができる便利なグッズです。しかし、使う前にはいくつか準備を行っておく必要があります。

①事前にムダ毛を処理しておく

セルフ脱毛器を使う前に、ムダ毛の自己処理を必ず行っておいてください。自己処理をせずに照射すると、ムダ毛に熱がこもって火傷してしまうことがあります。

脱毛する前日にはカミソリやシェーバーで自己処理をしておきましょう。

②照射モードやレベルの設定をしておく

セルフ脱毛器の種類によっては、単発モードや連射モードなどが備わっているものがあります。指や足など細かい部位を脱毛するときは単発モード、腕や脚など広い部位を脱毛するときは連射モードにしておくと便利です。

また、自動で出力を調整する機能がないセルフ脱毛器の場合は、お肌やムダ毛の状態に合わせてレベルを設定しておきましょう。低い照射レベルだと痛みは出にくいものの、脱毛効果は弱くなります。

かといって高すぎるレベルにすると強い痛みが出たりお肌にトラブルを起こしたりすることがあるので注意してください。

③ほくろやニキビには保護シールを貼っておく

ほくろやニキビがある場所には照射できません。強い痛みが出たり、トラブルが起きたりするためです。

脱毛したい部位にほくろやニキビ、傷跡がある場合はあらかじめ保護シールを貼っておきましょう。保護シールはAmazonなどで購入できます。

セルフ脱毛器を使った脱毛のやり方

セルフ脱毛器を使った脱毛のやり方

セルフ脱毛器でしっかりと効果を出すためには正しいやり方で脱毛を行うことが大切です。

また、正しいやり方を行うことで安全に脱毛を進めることができます。

出力は徐々に上げていく

初めから高い出力に設定して使うのはおすすめできません。出力が高いほど脱毛効果も高まりますが、痛みや肌トラブルなどが起こるリスクも同時に高まってしまいます。

できるだけ低い出力から始め、お肌の状態を見ながら少しずつ出力を上げていきましょう。一般に、お肌の色が濃い方ほど痛みが出やすくなります。

痛みが心配な方は、お肌の色に合わせて自動で出力を調整してくれるセルフ脱毛器を使ってみてください。

脱毛中は日焼けを避ける

脱毛中の日焼けはNGです。照射するときに強い痛みが出たり、赤みやヒリつきなどの肌トラブルを起こしたりすることがあります。

セルフ脱毛器はメラニン色素(黒い色)に反応する特徴があるため、日焼けしてお肌の色が暗くなると光やレーザーの影響を受けやすくなってしまうのです。

脱毛後は照射部位を冷やす

脱毛のお手入れが終わったら、照射部位を冷やすようにしましょう。

光やレーザーを当てられたお肌は、熱がこもっている状態です。そのままにしておくと、お肌の水分が蒸発して乾燥肌を招いたり、肌トラブルが起きたりします。

タオルを水で濡らしてしぼったものをお肌に当てて、クールダウンを行うようにしてください。保冷剤だと刺激が強すぎることがあるので、濡れタオルがおすすめです。

生理中の脱毛は避ける

生理中だからといって、絶対に脱毛をしてはいけないというわけではありません。VIOやヒップ以外なら問題ないこともあります。

しかし生理中は、普段よりもお肌が敏感になっている状態です。いつもと同じ出力で当てても痛みやヒリつきを感じることがあるため、できれば生理中の脱毛は避けましょう。

保湿をしっかり行う

脱毛後は、お肌に熱がこもって水分が蒸発しやすくなっています。お肌が乾燥するとバリア機能が低下してトラブルを起こしやすくなるため、必ずしっかりと保湿を行いましょう。

脱毛後だけでなく、普段から保湿をしておくことも大切です。

セルフ脱毛器の注意点

セルフ脱毛器は、自宅でもサロンと同様の脱毛ができる便利なアイテムですが、使用にあたりいくつか注意点があります。

安全に使うためにも、次の注意点は必ず確認しておきましょう。

永久脱毛はできない

永久脱毛と聞くと「一生ムダ毛が生えてこない」とイメージされる方が多いかもしれません。

日本における永久脱毛の明確な定義はありませんが、米国FDAでは「3回の脱毛施術によって6ヶ月後、2/3(67%)以上減毛していること」と定義されています。

米国FDAではニードル脱毛のみが永久脱毛の定義を満たせるとしているため、セルフ脱毛器では残念ながら永久脱毛はできません。

サロンやクリニックの脱毛よりも効果が劣る

自宅で誰でも簡単に脱毛ができるように、セルフ脱毛器はサロンやクリニックよりも弱い出力となっています。

そのため、サロンやクリニックと比べるとどうしても効果が劣ってしまうので注意しましょう。

セルフ脱毛器でも、長い期間をかけて繰り返しお手入れすることで毛量は確実に減っていきます。しかし、気長なお手入れが必要となるでしょう。

適切な出力レベルに設定しないと痛みが出ることがある

出力レベルの設定はとても大切です。弱すぎると思うような効果が出なくなり、強すぎると痛みやトラブルの原因になります。

弱すぎず強すぎず適切な出力を見つけるのは最初のうちは難しいかもしれません。痛みやお肌の状態を見ながら自分に合った出力を見つけていきましょう。

顔やVIOには使えない機種もある

セルフ脱毛器は、顔やVIOに使えないものが少なくありません。むしろ、多くのセルフ脱毛器は顔やVIOには使わないようにとの注意書きがされています。

セルフ脱毛器を購入するときは、どの部位に使用できるのかを必ず確認しましょう。

使用頻度を守ってお手入れする

セルフ脱毛器は頻繁に照射すればするほど効果が高まるものではありません。過度に照射することで、お肌に負担をかけてトラブルを招くことがあります。

機種ごとに使用頻度が決められているので、そちらを守って使用するようにしてください。

しっかり脱毛効果を実感したいならセルフ脱毛サロン「ハイジ」!

セルフ脱毛したいけど、効果もしっかり実感したい」という方におすすめなのが、セルフ脱毛サロンの「ハイジ」です。

セルフ脱毛器を使ったお手入れと同じように自分で照射していくものですが、サロンに通うのと同じ効果が期待できます。

サロンと同等の脱毛効果が期待できる

ハイジで扱っている脱毛器は、セルフ脱毛をするために開発したオリジナルのものです。バルジ領域といって発毛の司令塔の役割をしている部分にダメージを与えて、ムダ毛を生えにくくします。

セルフ脱毛器とは違い、とくに出力は抑えられていないためサロンと同等の効果が期待できることが特徴です。

HHR方式を採用しているから痛みはほとんどなし

ハイジで採用しているのは、HHR方式の脱毛器です。

照射時にお肌へ触れる部分がマイナス7度まで冷えており、お肌を冷やしながら脱毛できるため従来の脱毛器よりも痛みが抑えられています。

顔やVIOの脱毛もできる

ハイジの脱毛器は、サロンやクリニックと同じように顔やVIOの脱毛をすることも可能です。

脱毛部位に制限はないため、お好きな部位をご自身で脱毛していただけます。

月額5,000円以下で通い放題

店舗によって料金は異なりますが、もっとも安いところでは月額5,000円以下で通い放題のプランがあります。

もちろん、全身お好きな部位を脱毛できるので、セルフ脱毛器よりもリーズナブルなお値段でお手入れが可能です。

まとめ

まとめ

セルフ脱毛器を使ってお手入れする際は、かならず事前にやり方を確認しておきましょう。事前にムダ毛処理をしておき、ほくろやニキビには保護シールを貼っておいてください。

痛みを感じない程度の出力に設定しておくことも忘れてはいけません。初めから高い出力で照射すると、お肌に負担をかけたり痛みを生じたりする原因になるので気をつけましょう。

セルフ脱毛器は自宅でムダ毛のお手入れができる便利なアイテムですが、顔やVIOには使えないものがほとんどです。

また、効果もサロンやクリニックと比べると劣ります。顔やVIOなど好きな部位を自分で脱毛したい方、しっかり効果が出る脱毛をしたい方はセルフ脱毛サロンの「ハイジ」をぜひ利用してみてください。

サロンと同等の効果が期待できる最新の機械を導入しており、月額5,000円以下でお好きな部位を脱毛できます。