セルフ脱毛が事故につながる!?思わぬトラブルを避けるために知っておきたい3つのこと

2022.12.31

セルフ脱毛が事故につながる!?思わぬトラブルを避けるために知っておきたい3つのこと

セルフ脱毛で事故が起きた例はある?」

「セルフエステは危険って聞いたんだけど…」

セルフ脱毛は自分で照射していくため、万が一の場合の事故が心配ですよね。もしトラブルが起きたらと考えると、不安になってしまう方もいるでしょう。

事故が起こらないようにするためには、いくつかチェックすべきポイントがあります。

今回は実際に起きた事故の事例や、トラブルを避けるために知っておきたいことなどについて詳しく見ていきましょう。

 

セルフ脱毛は思わぬ事故につながる可能性がある

セルフ脱毛は思わぬ事故につながる可能性がある

セルフ脱毛とは、自分でマシンを扱って照射していくことです。一般的な脱毛サロンに置いてあるのと同じようなマシンを操作し、自分で自分に照射します。

熟練したスタッフが照射するわけではないため、時に思わぬ事故につながることもあるでしょう。

 

赤みや火傷などの肌トラブルが起こる可能性がある

マシンをうまく扱えなかったり、出力レベルの設定を誤ったりすると赤みや火傷などの肌トラブルを起こすことがあります

セルフ脱毛で扱うマシンはメラニン色素に反応する性質をもっているため、出力を高くしすぎるとムダ毛だけではなくお肌にも反応してしまうことがあるのです。

また、マシンの使い方がわからず同じ部位に何度も照射していると、お肌がダメージを受けてしまうこともあるでしょう。

 

一定期間、解約できないことがある

セルフ脱毛サロンによっては、規定の期間は契約を続けるようルール化されていることがあります。その期間は解約ができず、通わなかったとしても料金は発生するので注意しましょう。

ほとんどのセルフ脱毛サロンは契約期間についてわかりやすい記載されていますが、まれにわざとわかりにくい表記をしている場合もあるので注意してください。

 

セルフエステで事故が起きた事例

セルフエステで事故が起きた事例

調べた範囲では、セルフ脱毛で事故が起きた事例は料金に関するものしか確認できませんでした

しかし、セルフエステにも範囲を広げて調べてみると、最近ではさまざまな事故が起きていることがわかります。

セルフエステに関して国民生活センターに問い合わせがあった件数は、2014年には5件でしたが2019年には52件にまで増加していたのです。

ここでは、代表的な4つの事故について詳しく見ていきましょう。

 

参考:「セルフエステ」の契約は慎重に検討しましょう!

 

ハイフで神経損傷

ハイフとは、皮膚を切ることなく超音波の働きによって内側からお肌を引き締める治療のことです。

国民生活センターには、ハイフを行う機械を自分で扱って当てたことにより、唇の神経を損傷した事故が掲載されています。

患者さんは神経内科を受診しましたが、神経損傷がどのように回復するかはわからないと言われたそうです。ハイフの使い方については、動画のみの説明しかありませんでした。

 

ラジオ波や超音波で火傷

自分で施術を行う痩身エステでラジオ波や超音波が出る機械を当てたところ、機械の故障によりⅡ度熱傷と診断される火傷を負った事故が報告されています。

この事故は、お店側の規約により治療費の負担も返金もなかったそうです。

 

不当な料金請求

「100円キャンペーン」を利用してセルフ脱毛を行ったにもかかわらず、会計で13,500円も請求される事故がありました。脱毛し放題100円ではなく、1ショット100円だったのです。

とくに料金についての説明がなかったと抗議すると、その場では一旦帰宅するように言われましたが、後日「半額でもいいので支払うように」と言われたそうです。

 

解約時の説明不足

セルフエステを解約したいと申し出たところ、3か月継続しなければ解約できないと言われる事故が起きています。

契約期間についてはとくに説明はなかったようです。

 

セルフ脱毛で事故が起きないようにする方法

セルフ脱毛で事故が起きないようにする方法

セルフ脱毛サロンでも事故が起こる可能性は十分にあります。現時点で肌トラブルにつながるような事故は報告されていないようですが、いつ何が起きてもおかしくありません。

トラブルが起きないよう、事前にチェックしておくべきポイントをしっかり押さえておきましょう

 

マシンの使い方を守る

セルフ脱毛サロンでは、自分でマシンを扱って照射していくことになります。初心者でも扱える簡単な操作のマシンがほとんどなので、使い方を大きく誤ることはまずないでしょう。

マシンの使い方は必ずわかりやすいようにどこかへ掲示されているので、それを守って使用してください。自己流で使用すると、火傷や赤みなどの思わぬトラブルを招くことがあります。

 

料金についてしっかり確認しておく

契約する前に利用料金についてはしっかり確認しておいてください。一見すると安く見えるような金額でも、継続利用や当日契約が必要など何かしらルールが設けられていることが少なくありません。

いつ契約してもこの料金なのか、契約期間に縛りはあるのかなどは必ずチェックしましょう

 

解約方法を確認しておく

契約してから一定期間は解約できないプランセルフ脱毛サロンもあります。

最初からわかりやすく明記してあれば問題ありませんが、いざ解約しようとしたときに初めて契約期間について知ることもあるかもしれません。

どうすれば解約できるのかについては、契約を結ぶ時点でしっかり確認しておくべきです。

 

セルフ脱毛サロンハイジを安全に使うために知っておきたいこと

セルフ脱毛サロンハイジを安全に使うために知っておきたいことセルフ脱毛サロンハイジは、脱毛サロンと同等のマシンを自分で扱って脱毛していく新しいサロンです。マシンの使いやすさと効果の出やすさには自信をもっています

安全にハイジをご利用いただくためにも、次の3つのポイントについてはぜひ事前にチェックしておいてください。

 

ハイジで扱っているマシンの使い方

ハイジのマシンは、セルフ脱毛を行うためにオリジナルで開発したものです。

画面をタッチして照射パワー、単発か連射かなどを設定したら、脱毛部位にジェルを塗って照射していくだけで完了します。たったこれだけで脱毛ができるので、なにも難しいことはありません。

 

セルフ脱毛サロンハイジの料金体系

セルフ脱毛サロンハイジの料金は、店舗によってやや異なります。ここでは、新宿本店の料金についてご紹介しましょう。

 

プラン 料金(税込) 時間(1回) 最低契約期間
1人でお試し体験 1,000円 60分
定額「通い放題」プラン 10,800円 30分 3か月
定額「毎月2回」プラン 6,500円 60分 3か月
都度払い回数券 6,000円 60分

※料金は店舗によって異なります。

セルフ脱毛サロンハイジを解約するには?

セルフ脱毛サロンハイジを解約する際は、前月の15日の23時59分までにメールもしくはLINEで解約の旨を連絡していただくようお願いしております

この期日をすぎると、解約が翌月扱いになるのでご注意ください。

 

セルフ脱毛ハイジに関するQ&A

セルフ脱毛ハイジに関するQ&A

では最後に、セルフ脱毛サロンハイジに関してよく聞かれる5つの質問にお答えします。

 

セルフ脱毛で筋肉痛になったのはマシンのせいですか?

マシンの影響で筋肉痛になることは考えられません。

施術中は無理な体勢を取ることもあるので、その影響で筋肉痛になる方もいるのではと考えられます。

 

脱毛前の自己処理はカミソリで行ってもいいですか?

脱毛前の自己処理は、できればカミソリではなく電気シェーバーで行いましょう

カミソリはムダ毛と一緒にお肌の表面も削ってしまうため、赤みやかゆみの原因となることがあります。

 

セルフ脱毛をムダ毛が生えたまま行ってもいいですか?

まったく自己処理を行わない状態でセルフ脱毛するのはお止めください。0.5mm程度まで短く剃ってから照射するようにお願いしています。

 

ハイジでVIO脱毛はできますか?

もちろん、VIO脱毛もできます。専用の椅子と鏡を用意しているので、一人でも照射することが可能です。

 

まとめ

まとめ

セルフ脱毛は正しく行わなければ火傷や赤みなどが起こるリスクがあります。また、料金や解約方法についてきちんと調べておかないと、思わぬ料金がかかる恐れもあるでしょう。

セルフエステでは事故が起きた事例も報告されているので、あらかじめマシンの使用方法や解約ルールについてはしっかりチェックしておくことが大切です。

 

ページTOPへ