失敗しらず!セルフ脱毛器の正しい選び方と使い方を解説!

2022.05.30

失敗しらず!セルフ脱毛器の正しい選び方と使い方を解説!

電車でつり革を掴んだとき、真後ろに人が来たとき、露出が多めの服を着たときなどムダ毛が気になりますよね。

「毛深いと思われたらどうしよう」「剃り残しがあったら恥ずかしい」というムダ毛に関するお悩みを解決してくれるのがセルフ脱毛器です。

しかしセルフ脱毛器は、近年の脱毛ブームの影響もありとても多くの種類があります。本当に効果があるのかどうか気になっている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、セルフ脱毛器の選び方や効果、正しい使い方などについて詳しく解説します。

 

セルフ脱毛器って効果あるの?

セルフ脱毛器って効果あるの?

サロンやクリニックに通うのとは違い、なんとなくセルフ脱毛器だと効果があるのか不安に思ってしまいますよね。セルフ脱毛器でも正しい使い方でお手入れを続ければ、効果は実感できます。

ただし、初心者でも自宅で安全に使用できるように、セルフ脱毛器は出力が抑えて作られているのをご存知でしょうか。

そのため、満足のいく効果を実感するためには、サロンやクリニックに通うときよりも時間がかかることが一般的です。

 

セルフ脱毛器の選び方

セルフ脱毛器の選び方

セルフ脱毛器にはお値段が安いものから高いものまで、非常に多くの種類があります。予算があるとは思いますが、お値段だけで選ぶのは失敗のもとです。

どのような機能があるのか、使い勝手はどうなのかをしっかり確認して選びましょう。

 

照射方式で選ぶ

セルフ脱毛器には、フラッシュ式とレーザー式のものがあります。フラッシュ式のものは、いわゆる光脱毛ができるものです。

フラッシュ式は痛みが少なく、製品の種類も多いためセルフ脱毛器のなかでも主流の照射方式といえます。

一方でレーザー式は、痛みが出やすく種類も少ないのですが、フラッシュ式より高い脱毛効果が期待できることが特徴です。

 

連続照射できるかどうかで選ぶ

1発ずつ打つのか、それとも連続照射できるのかでお手入れにかかる時間は大きく変わります。

腕や脚のように範囲が広い部分は連続照射、指やVラインのように狭い部位は1発ずつ単発で打てるものが便利です。好みに合わせて切り替えられるものを選ぶと、効率よく脱毛できます。

 

照射範囲の広さで選ぶ

1度でどれくらいの範囲に照射できるのかどうかも重要なチェックポイントです。わずか1平方センチメートルしか照射できないものもあれば、9平方センチメートルも一度に照射できるものもあります。

どの部位を脱毛するかにもよるので一概には言えませんが、あまりに照射範囲が狭いものだとお手入れに時間がかかってしまうことがデメリットです。

 

カートリッジ交換できるかで選ぶ

セルフ脱毛器は、価格を問わず買い切りのものとカートリッジを交換すれば繰り返し使えるものとがあります。

カートリッジ交換ができないものの場合、使用可能なショット回数を使ってしまうと、本体ごと買い換えなければなりません。

長期的に見た場合、ランニングコストが高くなってしまうので注意しましょう。

 

照射できる部位で選ぶ

腕や脚、ワキなどの部位はほとんどすべてのセルフ脱毛器が対応しています。しかし、VIOや顔だと対応していないものが少なくありません。

口周りやデリケートゾーンの脱毛を考えている方は、どの部位に使用できるのかを必ず確認してから購入するようにしましょう。

 

照射レベルの調節がしやすいかで選ぶ

脱毛は、お肌の色に合わせて出力を調整しながら行うことが基本です。出力が高すぎると痛みを感じやすくなり、弱すぎると十分な効果が出ません。

毛量や毛の太さによっても痛みの出やすさが異なるため、出力を調整しながら照射していく必要があります。そのためには、出力レベルを細かく設定できるものが便利です。

 

コストで選ぶ

セルフ脱毛器の価格帯はとても広く、2~3万円で購入できるものから10万円を超えるものまであります。

安いものはダメ、高いものならいいということは決してありませんので、価格に見合う機能があるか、使い勝手に問題はなさそうかなどをしっかり吟味しましょう。

 

セルフ脱毛器の正しい使い方

セルフ脱毛器の正しい使い方

セルフ脱毛器の使い方は、決して難しいものではありません。しかし、誤った使い方をしていると効果が出にくかったり赤みや腫れなどのトラブルが起きたりする原因になります。

次に紹介する3つの項目をしっかり押さえたうえで脱毛を行っていきましょう。

 

照射前に自己処理をしておく

どのセルフ脱毛器を使う場合でも、事前の自己処理は必須です。カミソリや電気シェーバーでムダ毛を剃ってから照射するようにしてください。

光やレーザーはメラニン色素に反応する性質があるため、ムダ毛が長い状態で照射すると熱がこもってやけどする恐れがあります。

 

推奨されている照射頻度を守る

たくさん照射すればするほど効果が高まるわけではありません。セルフ脱毛器の場合は1~2週間に1度のお手入れが推奨されているものがほとんどです。

短いサイクルで照射すると、ショット回数をむだに消費してコストがかさんでしまったり、赤みや腫れなどの肌トラブルが起きたりすることがあります。

逆に長すぎるサイクルだと毛周期に合わせた脱毛ができず、効果が不十分になってしまうので注意しましょう。

 

脱毛期間中は保湿を心がける

脱毛を行っている期間中は、照射していない日でもしっかり保湿を行うようにしてください。乾燥している状態で照射すると、トラブルを起こしやすくなってしまいます。

とくに照射後はお肌に熱がこもって乾燥しやすくなっているので、念入りな保湿を心がけましょう。

 

これが気になる!セルフ脱毛器に関するQ&A

これが気になる!セルフで脱毛に関するQA

セルフ脱毛器は決して安い買い物ではありません。購入してから後悔しないように、セルフ脱毛器の特徴についてしっかり把握しておくことが大切です。

ここでは、セルフ脱毛器に関する質問のなかから、よく聞かれる5つのものを紹介します。

 

セルフ脱毛器で永久脱毛できる?

セルフ脱毛器で永久脱毛はできません。永久脱毛ができるのは医療脱毛のみです。セルフ脱毛器はあくまで毛量を減らしたり自己処理の頻度を減らしたりするものとお考えください。

ただし、お手入れを続けることでほとんど自己処理がいらないくらいにすることもできます。永久脱毛はできませんが、満足できる結果は得られるでしょう。

 

セルフ脱毛器の効果はどれくらいで実感できる?

もともとの毛量にもよりますが、1年半から2年ほどお手入れを続けることで変化を感じられると言われています。

時間はかかってしまいますが、しっかりとお手入れを続けていくことが大切です。

 

セルフ脱毛器の効果は脱毛サロンと同じ?

効果は脱毛サロンより劣ります。セルフ脱毛器は自宅でも安全に使えるようにするために、出力が抑えられているためです。

そのため効果が出るまでにも時間がかかってしまいますが、地道にお手入れを続ければ満足のいく結果を得られます。

 

セルフ脱毛器はメンズでも使用できる?

もちろん、メンズでも使用OKです。ただし、ヒゲの脱毛をしたい方は、ヒゲにも使えるのかをあらかじめ確認してから購入するようにしてください。

製品によっては使えないものがあります。

 

セルフ脱毛器は子どもでも使用できる?

子どもはお肌が未熟でトラブルを起こしやすいため、ほとんどの製品は子どもが使うことを想定していません。

ただし、製品によっては10歳から使えるものがあります。年齢制限があるものは必ず守り、とくに記載がないものはメーカーに問い合わせてから使用すると安心です。

 

家庭用脱毛器では不安という方には「セルフ脱毛サロン」がおすすめ!

家庭用脱毛器では不安という方にはセルフの脱毛サロンがおすすめ!

「安く脱毛したいけど、効果は妥協したくない」「顔やVIOも脱毛したい」という方におすすめなのが、セルフ脱毛サロンです。

ハイジでは、誰にも会わずにサロンと同等のクオリティで好きな部位の脱毛を行えます。自分で照射していくので、誰かに体を見られる心配もありません。

 

セルフ脱毛サロンハイジならサロンと同等の効果!

セルフ脱毛器は安全のために出力が弱くなっていますが、ハイジの脱毛器はサロンに引けを取りません。

発毛を促す司令塔であるバルジ領域にダメージを与える最新のマシンを用意しているので、脱毛サロンと通うのと変わらない効果が期待できます。

 

完全無人だから誰にも会わない!

ハイジの店内には、一人もスタッフはいません。入店から退店まで完全無人です。そのため、体を見られたくない方にぴったりです。

顔やVIOなど、ムダ毛が気になる部位はどこでも自由に脱毛できます。一人でもVIOの脱毛をしやすいように鏡や専用の椅子を用意しているので心配はいりません。

 

月額5,000円から利用できる!

店舗によって値段は少し異なりますが、もっとも安いところでは月額5,000円でどこでも好きな部位を好きなだけ脱毛できます。

学生さんにも嬉しい月額制なので、お財布の負担を気にせず脱毛が可能です。

 

まとめ

まとめ

セルフ脱毛器は、脱毛サロンやクリニックよりも低価格で脱毛ができる便利なアイテムです。自分が好きなタイミングで脱毛できるので、忙しい方にもぴったりでしょう。

照射方式や照射範囲の面積などをしっかり確認して、自分に合うセルフ脱毛器を選ぶことが大切です。

しっかりと脱毛したい方、顔やVIOのムダ毛も気になっている方は、セルフ脱毛サロンも検討してみてはいかがでしょうか。

スタッフがいないので自分で照射する手間はありますが、リーズナブルでありながら脱毛サロンと同等の効果が期待できます。

 

ページTOPへ