セルフ脱毛のパワーは弱い?選び方や失敗しない方法を解説

2024.02.032024.02.01

セルフ脱毛のパワーは弱いって聞いたけど本当?」

「どうすればセルフ脱毛で失敗せずに済むの?」

 

脱毛するときに重要になってくるのが、照射するときのパワーです。パワーが強ければ脱毛効果も高くなり、弱ければ効果も低くなります。

サロンやクリニックで脱毛するのと比べてセルフ脱毛ではパワーが弱いと言われることがありますが、これは本当なのでしょうか。

今回は、セルフ脱毛のパワーが弱いという話が事実なのか、どうすればセルフ脱毛で失敗するのを防げるのかなどについて詳しく解説します。

セルフ脱毛のお試し体験はこちらから

セルフ脱毛はパワーが弱いって本当?

セルフ脱毛はパワーが弱いので脱毛完了までに時間がかかると言われることがあります。

セルフ脱毛には「誰にも見られない」「安く脱毛できる」などのメリットがありますが、パワーが弱いのが本当ならサロンやクリニックに通おうかなと迷ってしまう方もいるでしょう。

 

セルフ脱毛器は弱いパワーで作られている

結論から言うと、セルフ脱毛のパワーが弱いのは本当です。ただし、すべてのセルフ脱毛に当てはまるわけではありません。パワーが弱いと言われているのは、セルフ脱毛器(家庭用脱毛器)です。

セルフ脱毛器は脱毛に関する知識がまったくない方でも自宅で安全に取り扱えるように、サロンよりも弱いパワーで作られています

そのため、セルフ脱毛器を使用する場合は、効果を実感できるまでに少々時間がかかってしまうことがあるでしょう。

セルフ脱毛は効果がないって本当!?正しいやり方やメリット・デメリットを解説【皮膚科医監修】

 

セルフ脱毛サロンは通常のサロンと同等のパワーで照射できる

セルフ脱毛には、セルフ脱毛器を利用する方法とセルフ脱毛サロンに通う方法があります。セルフ脱毛器はパワーが弱く作られていますが、セルフ脱毛サロンだとそのようなことはありません。

セルフ脱毛サロンの場合は、通常のサロンで使われているマシンと同等のパワーで照射できます

そのため、しっかり脱毛効果を実感したい方にはセルフ脱毛器よりもセルフ脱毛サロンのほうが向いていると言えるでしょう。

 

セルフ脱毛器を購入して失敗!その理由はパワー不足

セルフ脱毛器は誰にも肌を見られずに自宅でお手入れができる便利なアイテムです。

しかし、パワー不足のためにセルフ脱毛器を購入して失敗したと感じている方もいます。

 

お手入れを2~3年続けてようやく自己処理がいらなくなる

セルフ脱毛器はパワーが弱いため、脱毛完了までに長い期間がかかります。個人差はあるものの、ほとんど自己処理がいらない状態になるまでに2~3年かかるケースも珍しくありません

セルフ脱毛器の使用頻度は、約1~2週間に1回とされています。実際に行ってみると分かりますが、意外と高頻度です。これを2~3年続けるのはなかなか大変なものです。

 

何度も照射するので肌に負担がかかりやすい

お手入れを2~3年続けるとなると、どうしても肌に負担がかかってしまいます。肌が乾燥したり赤みが出たりしてしまうことがあるでしょう。

お手入れをする期間が長くなればなるほど負担も増すため、トラブルが起こりやすくなります。

 

パワーは弱くても部位によっては痛みが強く出ることがある

セルフ脱毛器のパワーはさほど強くありません。しかし、パワーが弱いからといって痛みがまったく出ないわけではないので注意しましょう。

照射する部位によっては強い痛みが出る恐れがあります。毛が濃く量が多い場所は痛みが出やすい部位です。ヒゲやワキなどは痛みが出やすい部位と言えます。

セルフ脱毛で痛みを感じる原因は?理由や対策方法を解説

 

セルフ脱毛器のパワーで失敗しない方法

セルフ脱毛器はパワーが弱いため、思ったような効果が出ないことがあります。予想よりも変化が見られず「こんなはずでは…」と後悔することがあるかもしれません。

セルフ脱毛器で失敗しないようにするためには、事前にジュール数の確認や機能を確認しておくことが大切です。

 

ジュール数を確認して選ぶ

セルフ脱毛器のパワーは、J(ジュール)という数値で表されます。ジュール数が大きいほどパワーも大きいのです。

代表的なセルフ脱毛器のジュール数について調べてみたところ、以下のような結果となりました。

 

1照射あたりのジュール数 1cm²あたりのジュール数
トリア 22ジュール 22ジュール
ブラウン シルク・エキスパート 18ジュール 6ジュール
脱毛ラボ ホームエディション 10ジュール 2.9ジュール
fasiz 18ジュール 6ジュール
ケノン 非公開 非公開

※2023年11月時点の情報を参照

 

もっともジュール数が高いのは、レーザー式のセルフ脱毛器であるトリアです。パワーを追求するなら、トリアが候補になりやすいのではないでしょうか

 

ストロングタイプのカートリッジがあるセルフ脱毛器を選ぶ

強いパワーで照射したいなら、ストロングタイプのカートリッジに交換できるタイプのセルフ脱毛器がおすすめです。通常のカートリッジよりもしっかりとダメージを与えられます。

ただし、パワーが強くなると痛みも生じやすくなるので注意してください。

 

細かくパワーを設定できるセルフ脱毛器を選ぶ

どれだけ強いパワーで照射できるのかを確認することも大事ですが、パワーを細かく設定できるようになっているかチェックするのも同様に大切です。

細かく設定できるものであれば、自分の毛質や肌質に合ったパワーで照射できます。少ないものだと3段階ほどでしかパワーを設定できません。

多いものだと10段階で設定できるものもあるので、よく確認して購入しましょう。

失敗しらず!セルフ脱毛器の正しい選び方と使い方を解説!

 

セルフ脱毛サロンもパワーが弱く設定されているの?

セルフ脱毛のパワーが弱いと聞いて、「セルフ脱毛サロンのパワーも弱いのでは?」と心配している方がいるかもしれません。

パワーが弱く作られているのはセルフ脱毛器のみですので安心してください。

 

セルフ脱毛サロンは通常のサロンと変わらないパワー

セルフ脱毛サロンのパワーは、通常のサロンと変わりません。つまり、サロンに通うのと同等の効果を実感できるのです。

セルフ脱毛サロンでは業務用のマシンが採用されているので、しっかりとパワーを発揮できます。

業務用セルフ脱毛器の種類や特徴は?家庭用との違いや効果について解説!

 

バルジ領域をターゲットとしているマシンが多いので痛みは少ない

セルフ脱毛サロンでは通常のサロンと変わらないパワー設定となっていますが、痛みはさほどありません。むしろ通常のサロンより痛みが出にくい場合がほとんどでしょう。

その理由は、メラニン色素ではなくバルジ領域をターゲットとしているマシンが多いからです。バルジ領域がターゲットのマシンは、痛みがほとんどありません。

 

しっかりパワーを発揮するセルフ脱毛なら、セルフ脱毛サロンのハイジがおすすめ

パワー重視でしっかり脱毛したいなら、セルフ脱毛サロンのハイジがおすすめです。

ハイジなら通常のサロンに通うのと同等の効果を実感できます。

 

プロ仕様のマシンを採用しているから効果を実感しやすい

ハイジではセルフ脱毛専用にオリジナルで開発したマシンを全店舗で採用しています。プロ仕様なのでサロンクオリティの効果を実感できることが特徴です。

バルジ領域をターゲットにしたHHR方式のマシンなので、子どもでも耐えられる程度の痛みしかありません。

 

最短1週間から10日のスパンで通える

ハイジでは、同じ部位の照射は1週間から10日に1回のスパンでできるようになっています。

自己処理がいらなくなるまでには10回ほど照射が必要なので、およそ2か月半から3か月ほどで脱毛が完了する計算です。セルフ脱毛器と比べると圧倒的に短い期間で脱毛が完了します。

 

月額5,000円から通えるのでコスパが良い

ハイジはコスパの良さにもこだわりました。月額5,000円から通い放題&脱毛し放題になるプランを用意しています。

月額制なので、月に何度ご来店いただいても料金は変わりません。

 

まとめ

セルフ脱毛のパワーが弱いのは本当です。しかし、すべてのセルフ脱毛でパワーが弱いわけではありません。

セルフ脱毛器はパワーが弱めに作られているので、短い期間で脱毛を終わらせたい方はセルフ脱毛サロンの利用を検討してみてください

ハイジでは、最短2か月半から3か月ほどで脱毛が完了します。

サロンと同等のパワーを発揮するプロ仕様のマシンを採用しているので、しっかりと効果を実感していただけるでしょう。

完全無人のセルフだから
驚きのコスパ!

まずは1,000円で試してみる

 

ページTOPへ