ブラジリアンワックスをセルフで行う方法は?メリットやデメリットも解説

2023.02.042023.07.31

「ブラジリアンワックスをセルフでやるにはどうしたらいいの?」

「ほかの脱毛法と比べてメリットやデメリットはある?」

ブラジリアンワックスとは、ムダ毛が気になる部分にワックスを塗って剥がすことで、毛根からムダ毛を引き抜ける脱毛法です。

サロンやエステで行う方法もありますが、セルフで行うこともできます。

今回は、ブラジリアンワックスをセルフで行う方法や、メリットやデメリットなどについて詳しく見ていきましょう

セルフ脱毛のお試し体験はこちらから

ブラジリアンワックスの種類

ブラジリアンワックスには、ハードとソフトの2種類があります。

種類によって使い方がやや異なるので、違いについて簡単に見ておきましょう。

 

ハードタイプ

ハードタイプは固形状になっており、溶かしてから肌に塗布します。冷えて固まったワックスを剥がすことでムダ毛を引き抜くものです。

適温に溶かす手間がかかりますが、脱毛力はソフトタイプより高いためしっかりムダ毛を取り除きたい方に向いています。

ムダ毛が2mm程度と短めのものでもしっかりキャッチしてくれることが特徴です。太い毛も細い毛も絡め取ってツルツルの状態にしてくれます

ソフトタイプ

ソフトタイプのブラジリアンワックスは、とろっとした粘度が特徴のワックスです。

溶かす必要はなく、そのまま肌に塗布できます。ブラジリアンワックスを塗った上から専用のシートを貼り付け、シートごとワックスを剥がしてください。

ハードタイプと比べると脱毛力は落ちますが、刺激が少ないため肌に優しく脱毛できます

 

ブラジリアンワックスをセルフで行う方法

ブラジリアンワックスはドラッグストアやネットなどで簡単に購入できます。

太めの毛にはハードタイプがおすすめです。それ以外の部位はソフトタイプでもよいでしょう。

 

ムダ毛を適切な長さにカットする

ハードワックスの場合は2mm、ソフトワックスの場合は5~10mm程度にムダ毛を短くしましょう。

長すぎても短すぎてもワックスが絡まなくなるため、適度な長さにカットすることが大切です。

なお、商品によってどの程度まで短くするべきかが異なりますので、必ず使用方法を確認してください。

 

ワックスを塗る

ワックスを塗る前に、まずは塗布部位をきれいに拭き取ります。油分が残っているとワックスが密着しなくなるので、しっかり拭き取ってください。

肌への負担が心配な方は、ここでベビーパウダーをはたいておきましょう。下準備が終わったら、ワックスを毛の流れに沿って塗ります

 

ワックスを剥がす

ハードワックスの場合はしっかり固まったのを確認してから、ソフトワックスは上からのせたシートにワックスが馴染んだのを確認してから毛の流れと逆方向に一気に剥がしましょう

少しずつ剥がすとかえって痛みが増すので、思いっきり剥がすのがコツです。

ムダ毛を抜いた後は毛穴が開いており肌トラブルが起きやすいため、当日の入浴は控えてお風呂上がりにしっかり保湿を行ってください

デリケートゾーンをセルフ脱毛する方法は?ポイントや注意点、デメリットを解説

 

ブラジリアンワックスをセルフで行うメリット

エステやサロンではなくセルフでブラジリアンワックスを行うメリットには、次の3つがあります。

 

安い費用でセルフ脱毛できる

セルフだと、安い費用で済むことが一番のメリットです。エステやサロンに行くと1回5,000円前後かかりますが、セルフの場合は1,000~2,000円ほどで済みます。

できるだけ安く済ませたい方は、セルフのほうがかなりお得です。

 

VIOでも恥ずかしくない

商品によっては、VIOの脱毛にも使用できます。「VIOはスタッフであってもあまり見られたくない」と考えている方は多いでしょう。

セルフであれば誰にも見られないため、気にする必要がありません。

 

好きな時間にセルフ脱毛できる

エステやサロンのように予約する必要がないため、自分の好きなタイミングでブラジリアンワックスができます。

忙しい方、アルバイトや学校、仕事でなかなか予約が取れない方はセルフのほうが自分のスケジュールで行いやすいでしょう。

 

ブラジリアンワックスをセルフで行うデメリット

セルフでブラジリアンワックスを行うことには、デメリットもいくつかあります。

ワックスを適温にするのが難しい

ハードワックスの場合は、溶かしてから使用しなければなりません。ブラジリアンワックス用のウォーマーがあれば問題ありませんが、自分で湯煎する場合は適温にするのが難しく感じる方が多いと思います。

温度によっては固すぎて塗るのに適さなかったり、熱くしすぎて肌に塗れなかったりすることがあるでしょう。温度が低すぎて、すぐに固まってしまいうまく塗れないこともあります。

 

痛みを感じたり肌トラブルが起きたりする

ブラジリアンワックスはムダ毛をむりやり引き抜くため、毛穴やお肌に大きな負担がかかります。剥がすときに強い痛みを伴うことが多いでしょう。

怖がってゆっくり剥がすと、返って痛みが強くなってしまいます。しかし、どんなに勢いよく剥がしても痛みはどうしても生じるものです。

お肌が弱い方だとしばらく赤くなったり腫れたりすることもあります。

セルフ脱毛クリームの効果や選び方は?メリットやデメリットも解説!

 

時間が経つとまたムダ毛が生えてくる

ブラジリアンワックスを行うと、根元からムダ毛がなくなりツルツルになります。人にもよりますが、およそ2~3週間はツルツルの期間が続くでしょう。

しかし、ブラジリアンワックスはあくまで一時的にムダ毛をなくすものです。時間が経つとまた元通り生えてきます。

ずっとツルツルの状態を維持するためには、定期的にブラジリアンワックスでお手入れをしなければなりません

 

ブラジリアンワックスでセルフ脱毛したら必ずアフターケアを

ブラジリアンワックスは、私たちが思っているよりも大きな負担をお肌にかけるものです。脱毛後は、必ずアフターケアを行ってお肌をいたわってあげましょう

 

腫れや赤みが目立たなくても脱毛部位を冷やす

ワックスを剥がすときにムダ毛と一緒にお肌にも大きな力がかかっています。

強く引っ張られてダメージを受けているため、ブラジリアンワックスをした後は脱毛部位をしっかり冷やして鎮静させてください

たとえ目に見えて赤みや腫れがなくても、できるだけ冷やしましょう。冷やすことで炎症を抑えられるため、肌トラブルの予防になります。

 

保湿をしっかり行う

お肌のバリア機能を正常に保つために、ブラジリアンワックスを使用した後は保湿も行いましょう。ワックスと同時に古くなった角質も剥がれることで、お肌が一時的に乾燥しやすくなります。

お肌が乾燥するとバリア機能が低下して肌トラブルを起こしやすくなるので、保湿は念入りに行うようにしてください。

 

ブラジリアンワックスのセルフ脱毛に関するQ&A

では、最後にブラジリアンワックスに関する質問にお答えします。

 

ブラジリアンワックスはどれくらいの頻度で行えばいいですか?

ムダ毛の状態にもよりますが、1か月から1か月半くらいの頻度で行うとよいでしょう。

抜けた毛が生え揃ってある程度の長さが出てきたころが最適なタイミングです。

 

ブラジリアンワックスをした後に光脱毛を受けてもいいですか?

ブラジリアンワックスをした後に光脱毛を受けても、本来の効果が出ません

光脱毛は毛根にダメージを与えるものであるため、ブラジリアンワックスで根元からムダ毛を引き抜いてしまうと効果が出なくなるのです。

 

顔にブラジリアンワックスを使ってもいいですか?

顔に使用できると記載があるブラジリアンワックスであれば、使っても問題ありません。とくに記載がないものは、念のため使用は控えましょう。

 

まとめ

ブラジリアンワックスは、ムダ毛の長さを適切な長さにカットし、ワックスを塗って剥がすだけで簡単にお手入れができます。

セルフでもブラジリアンワックスはできますが、適温にするのが難しかったり痛みを感じたりすることもあるため、人によっては脱毛クリームや光脱毛などのほうが適していることもあるでしょう。

時間が経つとまた同じように生えてきてしまうのもデメリットです。少しずつ毛量を減らしてお手入れの頻度を減らしたい方は、ハイジのセルフ脱毛を検討してみてください。

誰にも体を見られることなく、月額5,000円から光脱毛ができます。お手入れを継続することで、ほとんどムダ毛処理がいらない状態にすることも可能です。

 

完全無人のセルフだから
驚きのコスパ!

まずは1,000円で試してみる
ページTOPへ