セルフ脱毛後のお風呂はダメって本当?理由や注意点について解説

2022.12.31

セルフ脱毛後のお風呂はダメって本当?理由や注意点について解説

セルフ脱毛後にお風呂に入っていけない理由は何?」

「いつからお風呂に入れるの?」

このような疑問をお持ちではありませんか?とくに毎日お風呂に入る方にとっては、いつから入浴できるのか気になりますよね。

今回は、セルフ脱毛後になぜお風呂に入ってはいけないのか、いつからなら入浴ができるのかについて解説します。

お風呂に入ってしまったときの対処法も紹介していますので、こちらも参考にしてみてください。

 

セルフ脱毛後にお風呂はNG!その2つの理由とは?

セルフ脱毛後にお風呂はNG!その2つの理由とは?

セルフ脱毛器(家庭用脱毛器)を使った後は、お風呂に入れません。入浴によってトラブルを起こすことがあるためです。

 

お肌の温度が上がって肌トラブルを起こしやすくなるから

お風呂に入ると、肌の表面温度が上がり、赤みやかゆみが起こりやすくなりますセルフ脱毛後はお肌に熱がこもっており、ただでさえトラブルが起きやすい状態です。

そこでお風呂に入ると追い打ちをかけてしまいます。こもっている熱が冷める前に体温が上昇することで炎症が強く出ることもあるので、セルフ脱毛後のお風呂は避けてください。

 

細菌に感染するリスクが上がるから

入浴により、毛穴から雑菌が入り込む可能性があります。お風呂場は清潔そうに見えて、実は目に見えない汚れがあることも少なくありません。

汚れが原因となって雑菌に感染し、トラブルを起こすことがあるので注意しましょう。

 

セルフ脱毛後のお風呂はいつから入っていいの?

セルフ脱毛後のお風呂はいつから入っていいの?

セルフ脱毛をした後、全身さっぱりするためにもできれば早めにお風呂に入りたいですよね。脱毛後はいつからお風呂に入ってよいのでしょうか。

 

基本的には翌日から

セルフ脱毛をした場合、基本的に入浴は翌日からとなります。次の日であればお肌にこもっている熱も少なくなり、お風呂に入っても問題ないことが多いためです。

しかし、セルフ脱毛後のお肌は、照射によりダメージを受けているため、熱いお湯だと刺激を受けることがあります。

翌日から入浴できますが、お湯の温度をあまり高くしすぎないよう注意しましょう

 

お肌に赤みやかゆみがある場合は様子を見て

基本的にはセルフ脱毛の翌日から入浴できますが、まだお肌に赤みやかゆみが残っている場合は控えてください。翌日のお風呂であっても、肌に負担がかかりトラブルが起こることがあります。

「翌日から入浴OK」というのはあくまでも一つの目安です。お肌の状態が安定しないようでしたら、落ち着くまで様子を見てお風呂には入らないようにしましょう

 

セルフ脱毛後にシャワーを浴びるときの注意点

セルフ脱毛後にシャワーを浴びるときの注意点

セルフ脱毛後のお風呂=入浴は厳禁ですが、シャワーであれば問題ありません

ただし、シャワーだからといってまったく何も気にしなくていいわけではないので注意しましょう。

 

お湯の温度はぬるめにする

お湯の温度はぬるめがベストです。できれば、40℃以下のぬるま湯で洗いましょう。

お湯の温度が高いと、入浴したときのように体温が上がったり、お肌が刺激を受けてトラブルを起こしたりすることがあります。

 

お肌をゴシゴシこすらない

セルフ脱毛後はお肌をすっきりと洗い流したくなるかもしれませんが、ゴシゴシこすって洗うのは厳禁です。

できるだけ刺激を与えないように、優しく洗ってください。強くこすることで、その部分に炎症が起きたり赤くなってしまったりすることがあります。

 

セルフ脱毛後にお風呂に入ってしまったときの対処法

セルフ脱毛後にお風呂に入ってしまったときの対処法

いつもの流れで、ついついお風呂に入ってしまうことがあるかもしれません。

「しまった!」となった場合は、次に紹介する3つの方法で対処しましょう。

 

脱毛部位を冷やす

うっかりお風呂に入ってしまった場合は、なるべく早くお風呂からあがって脱毛部位をしっかり冷やしてあげてください

保冷剤や塗れたタオルで冷やすことで、熱がこもってトラブルが起こるのを最小限に抑えられます

ただし、保冷剤を直でお肌に当てるのはNG。凍傷の恐れがあるため、タオルやガーゼなどで包んでからお肌に当ててください。

 

普段より念入りに保湿を行う

お風呂からあがったら、いつもより念入りに保湿を行いましょうセルフ脱毛後はお肌に熱がこもっているため、普段より乾燥しやすくなっています。

入浴後は、お肌の表面温度が高くなっており、さらに乾燥しやすい状態です。

乾燥肌はバリア機能の低下を招き、赤みやかゆみ、湿疹などのトラブルの原因となるため、しっかりと保湿を行いましょう。

 

肌トラブルが起きたら早めに皮膚科へ

少し赤みやかゆみがある程度でしたら、1週間ほど様子を見ることで自然に軽快していくことが多いでしょう。しかし、人によっては症状が悪化してなかなか治らないこともあります。

1週間ほど経っても肌トラブルが改善しない場合は、早めに皮膚科を受診するのがおすすめです。適切な処置をしてもらえば、早く治りますし跡が残ってしまうリスクも少なくできます。

 

セルフ脱毛後にお風呂以外で気をつけたいこと

セルフ脱毛後にお風呂以外で気をつけたいこと

セルフ脱毛を行なった後に気をつけるべきことは、お風呂だけではありません。

脱毛後はお肌が刺激を受けやすい敏感な状態になっていることから、気をつけるべきことがいくつかあります。

 

激しい運動を行わない

まず、激しい運動を行うのは厳禁です。体を動かすと体温が上がるため、トラブルが起こりやすくなります。

サロンでは24時間経てば運動してもよいとしていることもありますが、お肌が弱い方は3日ほど空けたほうが安心です。

お肌に赤みやかゆみが残っている場合は、元通りになるまで運動は控えてください。軽い運動でも体温は上がってしまうので、しばらくは我慢しましょう。

 

飲酒は避ける

飲酒も体温を上げる要因の一つです。飲酒によって血行がよくなり、脱毛部位が赤くなったりかゆくなったりする可能性があります。

セルフ脱毛を行なった当日に予定外の飲み会が入ることもあるかと思いますが、アルコールは避けるようにしてください。とくに肌に問題がないようでしたら、翌日から飲酒して構いません。

 

日焼けしない

紫外線は、肌にとって大きな刺激となるものです。日焼けするだけでなく、お肌を乾燥させたり肌荒れを起こしたりします。

脱毛中はそもそも日焼けを避ける必要がありますが、脱毛後はお肌が敏感になっているため、普段よりさらに注意しなければなりません。

 

セルフ脱毛サロンハイジでは、いつからお風呂に入れる?

セルフ脱毛サロンハイジでは、いつからお風呂に入れる?

ハイジでセルフ脱毛を行なった場合、24時間後からお風呂に入れるようになります。つまり、基本的には翌日からしか入浴できません。当日はシャワーで済ませるようにしましょう

なお、翌日になってもお肌に赤みやかゆみが残っている場合は、24時間経っていても入浴は避けるようにしてください。

 

セルフ脱毛とお風呂に関するQ&A

セルフ脱毛とお風呂に関するQ&A

セルフ脱毛とお風呂に関して、よく聞かれる質問にお答えします。

 

セルフ脱毛後はシャワーなら浴びてもいいですか?

入浴は厳禁ですが、シャワーなら問題ありません

ただし、熱いお湯で浴びると脱毛部位に負担がかかってしまうので、ぬるま湯を使うようにしてください。

 

セルフ脱毛前ならお風呂に入ってもいいですか?

脱毛前もできればお風呂は避けましょう。

湯船につかって血行がよくなった状態で脱毛すると、普段より痛みが強く出たりトラブルが起こりやすくなったりします。

 

セルフ脱毛後にサウナに行ったのですが、本来はよくないのですか?

セルフ脱毛後のサウナはお肌に負担をかけやすいため、お風呂と同様に本来は避けるべきです。

サウナに入ってしまった場合は、すぐに脱毛部位を冷やして熱を取るようにしてください。

 

まとめ

まとめ

セルフ脱毛後にお風呂に入るのは控えてください。脱毛によってお肌が敏感になっている状態でさらにお肌の温度が上がることで、赤みやかゆみが出やすくなる恐れがあります。

毛穴から雑菌が入って感染症を起こすこともあるため、当日はシャワーで済ませましょう

サロンによっていつからお風呂に入れるかは異なりますが、一般的に翌日からはOKとなっていることがほとんどです。

ハイジでは、24時間以内の入浴はしないようにとしています。お肌をきれいで健康に保った状態で脱毛するためにも、ルールはしっかり守ってセルフ脱毛を行いましょう。

 

ページTOPへ